選挙ドットコム

わたなべ 謙二朗 ブログ

企業主導型保育所へ行ってきました。

2018/6/14

大阪市西淀川区の株式会社ビジネスジャパンエキスプレス大阪本社ビル内にある、いわゆる企業主導型保育所「保育園ドルフィンキッズランド」を見学させていただきました。大野英樹社長が子育てをしている女性が働きやすい環境を構築したいという思いからスタートし、人材確保につなげています。

清潔感があふれる広々したスペースで子供達が楽しそうでした。
DSC_0008
DSC_0009
壁紙がスヌーピーです。

企業主導型保育事業とは多様な勤労形態に対応する保育サービスの拡大を行い、保育所待機児童の解消を図り、仕事と子育てとの両立に資することを目的として、国(内閣府)が推進している事業です。従業員が利用する「従業員枠」と地域に住んでいる方が利用する「地域枠」を設けて運営することができます。

形態は似ていますが事業所内保育事業は市の認可、企業主導型保育事業は国からの助成金によって運営されるため認可外となります。利用手続きも異なり事業所内保育所は市へ、企業主導型保育所は保育所へ直接申し込みます。

企業主導型保育事業のポイントは次のようなものがあります。
 ==========
• 保育士の配置など一定の基準を満たせば、運営費・整備費について認可施設並みの助成が受けられます。
•働き方に応じた多様で柔軟な保育サービスの提供ができます。
• 延長・夜間、土日の保育、短時間・週2日のみの利用なども可能です。
• 自社の従業員の子どもが優先的に入所できます。
• 複数の企業が共同で設置することができます。
• 他企業との共同利用や地域住民の子どもの受け入れができます。
※明石市のサイトからの引用です。園によって違いがあります。
==========

待機児童数県内ワースト2の西宮市と大幅に待機児童数を減らした大阪市。自治体が違うからこその貴重な意見をうかがうことができました。


☆☆☆西宮市議会議員 わたなべ謙二朗のブログ☆☆☆ 

この記事をシェアする

わたなべ 謙二朗さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家わたなべ 謙二朗 (ワタナベ ケンジロウ)企業主導型保育所へ行ってきました。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube