奥村 直樹 ブログ

「初代門司遺構の取扱い」市長から市議会への協議打診について

2024/3/14

初代門司遺構の取扱いについて、「市長から市議会に対して、協議の場を持ちたい旨の打診をした」との報道がありました。

 

「協議の場」と言うと、自由に話合う機会をイメージされるかと思いますが…

 

実際には、

-----
(1)複合公共施設整備は、計画通り、現地で進めるという理解でよいか。

 

(2)補正予算の修正案の提案理由に記載されている「適切な埋蔵文化財調査と厳密な記録保存」について、追加調査を行う箇所は、添付の図面に記載の2か所で、遺構の存在が確認された場合は、法に基づき適切に調査・記録するという理解でよいか。(国等の文化財指定に向けた「価値づけ調査」は行わない)
-----

の2点について、オープンの場で『確認』したい。
という打診でした。

 

そもそも、今回の打診は非公式で行われていたのですが、なぜかマスコミに漏れ、あたかも市議会が協議に応じないかのように報じられましたので、私の今回お伝えすることにしました。

 

以前にも述べたように、この度可決した修正議案の趣旨は「移築よりも調査と記録保存」の一点、その結果、一部移築の予算が削減されました。それ以上でもそれ以下でもありません。
すでに市議会の場で公式に、オープンにされました。
今、上記2点を今オープンの場で『確認』する必要があるでしょうか?

 

行政が今すべきことは、この間状況が変わってきた遺構の価値に関する、市民の皆様や市議会への説明や、遺構についてどう対応すべきかの意識確認をすべきではないでしょうか。

 

私も行政や専門家から情報収集をしながら、少しでも多くの市民の皆様と意見交換をしていきます。

 

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kitakyushu/20240313/5020015255.html

この記事をシェアする

著者

奥村 直樹

奥村 直樹

肩書 北九州市議会議員
党派・会派 無所属

奥村 直樹さんの最新ブログ

奥村 直樹

オクムラ ナオキ/47歳/男

奥村 直樹

奥村 直樹 トップページへ

寄付して応援する

「奥村 直樹」をご支援いただける方は、是非個人献金をお願い申し上げます。
※選挙ドットコム会員登録(無料)が必要です。

月別

ホーム政党・政治家奥村 直樹 (オクムラ ナオキ)「初代門司遺構の取扱い」市長から市議会への協議打診について

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube