選挙ドットコム

森本 和義 ブログ

安倍首相の記者会見に思う。

2020/8/29

 8月28日安倍首相が記者会見にて辞任を表明しました。

 総理大臣という重職を持病が原因で辞任するとのことで、まずは素直に労をねぎらい、健康を気遣いたいと思います。

 7年8カ月に及ぶ憲政史上最長の連続記録を残した安倍内閣の功罪についてはまた別途述べたいと思います。

 (いろいろあるのですが、一言いえば、アベノミクスによる高株価演出、小選挙区制度、内閣人事局制度、野党の分裂などによる最強レベルの権限集中と高支持率の下、将来の日本社会の成長や課題解決につながる政策を実行できるチャンスを、憲法改正実現にエネルギーを注ぎすぎて、十分活かすことができなかったのではないかという残念さが残ります。

 日本の将来を見越して、国民や野党と熟議を重ねるべき期間を、対立や逃げ、糊塗で過ごしてしまったのではないでしょうか。)

 

 さて、昨日の首相会見ですが、辞任表明ばかりを報道が取り上げていますが、事前に私が注目していたのは、

1.コロナ対策

2.経済対策

でした。辞任表明は大きな事柄ですが、それ以上に国民生活に多大なる影響を及ぼす上記の2項について言及があるとのことで、内容を注視していました。

 

 コロナ対策については、残念ながらさらっとしか述べられませんでしたが、以前に私がブログで述べた内容に近いもので、命・健康と経済の両立を前提に対応を区分していくと解釈できるもので、一定限、評価したいと思います。   https://go2senkyo.com/seijika/123823/posts/157907

 

*重症化する可能性の高い方(高齢者・持病のある方)への対応を重点化する。

*コロナウィルス感染症の指定の運用を見直す。⇒緩和する。

*以上により、医療機関や保健所などの負担軽減を図る。

 

 具体的な詳細は述べられませんでしたが、これは大きな方針明確化であり、それゆえに政治のリーダーシップが必要であるともブログで述べましたが、辞任と同時に発表することの意味は単純ではありません。

 最後にリーダーシップの発露をされたかったのか、後継者のリスクを軽減するために自分がされたのか。

 指定の変更や運用見直しにより、特措法との整合性はどうなるのか?新型インフルエンザ等対策特措法の法改正をして、新型コロナウィルスを特措法の対象にしましたが、指定変更すると、現実的には特措法の対象としては適当ではなくなるわけで、さらなる法改正をするのか、どうか。要するに、新型コロナ対応で緊急事態宣言はもう無いよということになるのかどうか。

 当然のことながら、辞任に関心が集中し、記者からの質問もありませんでした。結局、何が変わるのか、わかりづらかったかなと思います。

 

 また、コロナの影響を多大に受けている経済への対策については、コロナ対策の中で、両輪で進むという前提だけで、具体策には言及されていません。

 先日、西村大臣から、2022年1月~3月期までGDPが元に戻らないとの政府見解が発表されたばかりで、日本経済は大丈夫なのかというのが私の気にするところでした。

 報道によれば、西村大臣は社会のデジタル化の推進などでGDP回復に向け全力を尽くすとの発言もあったようですが、それでは不十分で、やはり、首相会見での思い切った経済対策を期待して注目していたのですが、言及がなく残念でした。

 (代わりに言及されたのが、国家安全保障会議でのミサイル措置に関する安全保障政策の新たな方針協議が与党調整に入るということでした。この段階のこの話をこのタイミングで言及する姿勢には違和感を感じました。)

 そして、コロナ対策、経済対策に加えて、感染者に対する差別的な言動や雰囲気をいさめるコメントがなかったのが残念でした。

 子育て、教育、社会的・経済的活動の現場では、感染そのものを恐れる以上に、感染者やクラスターを出してしまって社会的ペナルティを受けることを恐れる雰囲気が充満しており、そこからの転換なくして健康と経済の両立はあり得ません。(今回のコロナ対策基本方針がそういう雰囲気や差別解消に結びついてほしいと思います。)

 そして、不安とストレスが差別を生み出すこと、そのものを解決する責務も政治は負っていると思います。

 安倍首相ご自身が持病により、心無い批判を受けて傷つく部分もあるかと思います。その安倍首相だからこそ、コロナ禍で差別を助長する雰囲気を打ち壊していただきたいと思います。

 

令和2年8月28日 安倍首相記者会見(首相官邸HP)

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0828kaiken.html

 

 

この記事をシェアする

著者

森本 和義

森本 和義

選挙 第48回衆議院議員選挙 (2017/10/10)
選挙区

愛知6区 75,069 票 比例 東海ブロック 希望の党

肩書・その他 元銀行員、元衆議院議員、経営コンサルタント、FMラジオパーソナリティ
党派・会派 立憲民主党

森本 和義さんの最新ブログ

森本 和義

モリモト カズヨシ/54歳/男

月別

ホーム政党・政治家森本 和義 (モリモト カズヨシ)安倍首相の記者会見に思う。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube