選挙ドットコム

西尾 まさえい ブログ

いまこそ『新しい生活様式』として“防災(防疫)疎開”を ・・コロナ禍、豪雨・震災、避難所対策としても

2020/7/7

昨日から線状降水帯が九州北部に停滞し、特別警報が先ほどまで出されていました。まだ、河川周辺地域の皆さんはこれからも予断を許さぬ状況であり、引き続きの警戒と心よりお見舞いを申し上げます。

また、先週末から未明の特別警報下で、球磨川流域はじめ犠牲になられた方々には心より哀悼の意を、また生活復旧中の皆さんには1日も早い御回復を願うばかりです。

一方で、昨日、富山市内では新たな小水力発電施設が完成、これからも富山県内の包蔵水力(岐阜県に次いで全国2位)を生かした利水の活用が県内各地で期待されています。

元々、富山県は、加賀藩領内から、こうした治水を最たる理由として分県した経緯があります。それが、今や利水を生かす県として発展していることは、先人の御労苦と慧眼あってのこととあらためて敬意を表するところでもあります。

災い転じて…

現在、コロナ禍の中、第二波、第三波も警戒しながら、しかし、これ以上、経済活動も停滞させては…という相克の中で、政府が進めようとしている『新しい生活様式』について、様々な取り組みがなされつつあります。

ここで、私は昨年の参議院選の政策としても提唱していた“防災疎開”を、さらに‘防疫疎開‘としても機能する、新しいライフスタイルを提言してまいりたいと考えます。

関東平野は、世界で最も人口の多い平野であり、わが国の全人口の3分の1を占める4000万余りの国民が集積した、まさしく一大密集人口エリアを形成しています。

その分、この地域は現在、コロナ禍の中での三密回避対応が国内でも最も望まれるエリアでもあり、また首都圏直下地震や東南海トラフ地震によっても、他の太平洋側の大規模な都市圏同様、かなりの被害が想定されてもいます。

先週末からの豪雨で九州各地で避難所が設置されてますが、コロナ禍に伴うソーシャルディスタンス対応のため、健常者は、できれば避難所ではなく、自己責任で堅牢な建物等への垂直避難などがすすめられています。

しかし、すべての被災者が、突然の災害に対して、自己責任で、ハザードマップによる被災想定地域以外等に、発災直後からスムーズに移動できないことは、ここ数日の九州各地の被災報道からも明らかです。

私は自身のFacebook動画で、これまでも『防災疎開』の必要性を説明していましたが、この『疎開』という言葉自体、何か戦時中のような違和感をもたれる方もいるかとも思っています。

それは、戦時下において、これからの未来を担う子供達を空襲などから守るやむを得ない家族の分離を意味する側面もあったからともいえます。

しかし、これからの「withコロナ」 から「after(post)コロナ 」の時代を構想するにあたり、家族のリスクヘッジとしても、セカンドハウス的な居住地をあらかじめ持つことの重要性はますます高まりつつもあります。

先述の避難所への避難に関しても、健常者ではなかなか避難所に向かうことが困難となっていく時代情勢の中、今回のような突然の水害や、今日や明日起きてもおかしくない巨大地震等への対応としても、あらかじめ、こうした災害が少ないと想定されるエリアにセカンドハウス的な住まいをもつ要請はますます高まるのではないでしょうか。

同時に現状、そしてこれからにおいて、都会も地方も空き家対策は深刻の度合いを増してきているという事情もあります。

現時点においても、セカンドハウスには各種優遇税制など配慮された施策は用意されていますが、さらにこうした防災や防疫機能も加味したケアもふまえ更なる優遇策等を進めていくこと、そして、AI・ビッグデータの活用により、より潜在需要も掘り起こしていけば、年間数十万円程度で、容易に、より多くが居住する太平洋側の住民も、より災害の少ない内陸部や日本海側などにセカンドハウスを持ち易くなるとともに、日本海側の住民も豪雪対応等で太平洋岸等に、よりリーズナブルで容易にセカンドハウスを有することも可能となることが考えられます。

 

…ここで、動画でも説明した、日本語では『危機』と共に訳される『リスク』と『クライシス』について、意識した使い分けを、こうした防災(防疫)対応において意識する大切さをあらためて強調したいと思います。

巷間、既にリスクマネジメントなど、『危機管理』として一般的にも用いられるこの「リスク」の使い方は、“まだ起きていないが想定される”「危機」を意味するものと明確に意識をしていくべきです。一方で、「クライシス」は“既に起きてしまった”「危機」と概念を対比して峻別することで、クライシスマネジメントは、防災(防疫)の事態が生じてから、いかに適切な初動対応等をとるかなど、起きてしまった危機を迅速に回避したり、抑えていく際に用いる用語と意識して使い分けをしていくことで、あらかじめ災害対応や、コロナ禍のようなこれから次々と起きる新型ウィルス対策をより有効にしていこうとする考え方の徹底でもつながっていきます。

こうした視点からは『防災(防疫)疎開』は、地震や風水害等の自然災害、そして新型コロナウィルスなどの疫病対策それぞれにとって、そうした被災地から離れた居住地をあらかじめ確保しておくリスクヘッジにもなり、また、都会の住宅密集地を避けた居住地を見つけておくことで、ソーシャルディスタンスの確保策にもなる、こうした相乗効果すら『防災(防疫)疎開』はもたらすともいえるのではないでしょうか?

 

…最後に、Facebook動画でも語った映画『少年時代』についてもふれておきたいと思います。

もともと、入善町吉原に疎開していた作家柏原兵三が当時を描いた小説『長い道』を同じく朝日町山崎に疎開経験のある藤子不二雄Ⓐ氏が漫画にし、それを同じ富山県を舞台に映画化された作品であり、主題歌でもあった井上陽水『少年時代』は毎夏、ちょうど土用波が立ち始め、(今年はコロナ 禍で開催されず大変残念ですが、)夏の甲子園が佳境に入り、日本人の多くが帰省する旧盆前後に流れる恒例の歌にもなっています。

関東平野はじめ大都市圏に住まう多くの人々にも地方出身の方々もいれば、そして自身は首都圏や都市圏生まれでも、祖父祖母等の暮らす地方に夏休みなどに訪れている方々も多いことでしょう・・。

そうした故郷、また故郷のような地に、また生粋の都会人であっても、そうした郷愁あふれる地方に『防災(防疫)疎開』の機能もあわせもつセカンドハウス的な居住地をあらかじめもっておく安心感は、これからのwithコロナ以降の時代には、これからますます求められるようになると思います。

そのため、今後、低廉でより安心なセカンドハウス機能を有する住まいの提供等に資する政策をこれからも具体的に提言し続けてまいりたいと考えています。。

(忌憚のない御意見、御感想、心よりお待ち申し上げます。)

この記事をシェアする

著者

西尾 まさえい

西尾 まさえい

選挙 第25回参議院議員選挙 (2019/07/04)
選挙区

富山選挙区 134,625 票

肩書・その他 国民民主党富山県総支部連合会副代表
党派・会派 国民民主党

西尾 まさえいさんの最新ブログ

ホーム政党・政治家西尾 まさえい (ニシオ マサエイ)いまこそ『新しい生活様式』として“防災(防疫)疎開”を ・・コロナ禍、豪雨・震災、避難所対策としても

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube