選挙ドットコム

大石 伸雄 ブログ

「科学技術の発展により、われわれは災害を正しく予測できるようになってきたと考えがちだが、それは...

2020/6/1

「科学技術の発展により、われわれは災害を正しく予測できるようになってきたと考えがちだが、それは間違えで、実は、災害の特徴すら正確に把握することができていない」。こう語るのは、関西大学社会安全研究センター長の河田惠昭氏です。

昨年、東日本全域に大きな被害をもたらした台風19号「令和元年東日本台風」では、台風の北東側に「大気の河」と呼ばれる水蒸気の多い領域が広がっていて、熱帯から多量の水蒸気を運び込み、これが東北を中心に多くの雨を降らせたことが後に分かってきました。河田氏は、そのことが事前に把握することができなかったと指摘します。
自然災害への備え方の原則は、あらかじめ、危険な状況が起き得ることを「予測」し、できる限りそうした状況に遭遇しないよう、あるいは遭遇しても命を守れるよう「予防」をしておくことです。しかしながら、異常気象が増え続けている昨今、正確に何が起きるか予測し、完全に危険を予防することは不可能です。したがって、予測や予防を上回るような状況に陥ったとしても、適切な「対応」がとれるようにすることを文化にしていかなくてはいけません。

この記事をシェアする

著者

大石 伸雄

大石 伸雄

選挙 西宮市議会議員選挙 (2019/04/14) [当選] 2,513 票
選挙区

西宮市議会議員選挙

肩書・その他 西宮市議会議員
党派・会派 自由民主党

大石 伸雄さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家大石 伸雄 (オオイシ ノブオ)「科学技術の発展により、われわれは災害を正しく予測できるようになってきたと考えがちだが、それは...

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube