選挙ドットコム

ハイブリッド意識調査

20242月実施

調査概要

●実施日

2024年2月17、18日

●対象

日本国内の18歳以上の方

※日本国内の18歳以上の方を調査対象とし、電話調査は無作為に電話番号を発生させるRDD方式をオートコールで実施ネット調査はスマートフォンアプリ(Gunosy)のダウンロードユーザーを対象にしたアンケートツールにより実施各数値は小数第2位以下を四捨五入。

Q1年代

電話調査

ネット調査

年代
年代

Q2性別

電話調査

ネット調査

性別
性別

Q3支持政党について

電話調査

ネット調査

支持政党について
支持政党について

Q4岸田内閣の支持

電話調査

ネット調査

岸田内閣の支持
岸田内閣の支持

Q5衆院選比例代表投票先について

電話調査

ネット調査

衆院選比例代表投票先について
衆院選比例代表投票先について

Q6派閥や政治団体の解散について

電話調査

ネット調査

派閥や政治団体の解散について
派閥や政治団体の解散について

Q7野党支持率の伸び悩みについて

電話調査

ネット調査

野党支持率の伸び悩みについて
野党支持率の伸び悩みについて

Q8地方議員の報酬について

電話調査

ネット調査

地方議員の報酬について
地方議員の報酬について

Q9共同親権の導入について

電話調査

ネット調査

共同親権の導入について
共同親権の導入について

総評

先月はやや回復した岸田内閣の支持率ですが、今月は再び下落に転じ、特に電話調査では不支持が9.6ポイントも増えるという結果になりました。自民の政党支持率や次期衆院選比例投票先についても同様に、上昇していた前回調査から一転、電話調査とネット調査の両方で下落しています。能登半島地震への対応がある程度評価されたという理由などから、下落傾向だった内閣や自民の支持率が前回調査で底を打ったという見方もありましたが、通常国会が始まり「政治とカネ」の問題が再びクローズアップされたこともあり、不支持が拡大したと考えられます。

自民の支持が減る一方、野党の支持率も伸び悩んでおり、自民のかわりに野党が支持を集めているとはいえない状況です。ただ、立憲と維新の差が拡大しつつあることは注目すべきポイントであり、「政治とカネ」の問題の追及では維新よりも立憲のほうが存在感をみせていることから、自民以外の選択肢としては維新より立憲が選ばれる傾向があることが見て取れます。

次期衆院選比例投票先については電話調査で立憲が自民に肉薄し、ネット調査では維新が自民を抜いてトップになりました。ベースとなる政党支持では自民がリードしていることを考えると、「いま選挙があったら」という視点でみれば、自民支持者の票が野党に流れる可能性があるといえるでしょう。

この調査に関連する記事

2024/2/19

2024年2月の政党支持率・内閣支持率・次期衆院選比例投票先は

ホームハイブリッド意識調査 2024年1月実施

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube