通常国会が召集!国会議員の仕事始め…?

2020年の通常国会(第201回国会)が今日1月20日に召集されます。ところで「通常国会」とはどういうものなのでしょうか?通常国会と言うからには「通常じゃない国会」もあるのでしょうか……?
社会科や公民の授業で一度は習ったことかもしれませんが、今回はいまさら人に聞けない「国会」についてまとめました。

国会は何種類?

一口に「国会」といっても様々なあり、全部で4種類の国会があります。

1.通常国会(常会)

常会と呼ばれる通常国会は、国会の基本で、会期も他のものと違って明確に日数が決まっており、150日間で一度だけ会期延長ができます。1月20日から150日間となると通常国会は6月17日まで開かれる予定です。通常国会が始まると大きな目玉として2020年度の国家予算の審議に注目が集まります。

通常国会冒頭には内閣総理大臣から施政方針演説、関係大臣が外交演説・財政演説・経済演説を行い、それに対して各会派が代表質問を行います。

関連記事>>【臨時国会始まる】首相の国会での演説で多かった表現は○○。しかし4日の所信表明演説で目立ったのは…?

ちなみにこれまで行われた通常国会の中で歴代最長だったのは2015年の245日間。臨時国会も含めると1972年12月から行われた特別国会が最長でなんと280日間にもわたって開会されていました。

2.臨時国会(臨時会)

150日間の通常国会は例年夏頃に閉会します。その次に開かれる国会は次年1月からの通常国会のため、約半年も期間が空いてしまいます。その間に何か起きた際に対応するための国会が臨時国会です。

臨時国会は災害対策のための補正予算や法律案の審議が必要になったときなどに文字通り臨時に召集されます。憲法53条で「いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。」と定められており、衆参どちらかの総議員の4分の1以上から要求があったときに内閣は臨時国会を召集するものとしています。

前回の臨時国会は昨年12月9日に閉会した第200回国会でした。この臨時国会では日米貿易協定の承認や防衛省職員給与法の改正などが行われました。

関連記事>>日米自由貿易協定 牛丼が安くなる?!でも日本のコメ農家は大丈夫?!消費者として知っておこう! (NO YOUTH NO JAPAN)

3.特別国会(特別会)

衆議院の解散による衆議院議員総選挙の後に召集されるのが特別国会です。総選挙の後30日以内に召集され、内閣総理大臣を指名する選挙(首班指名選挙とも呼びます)を行うのが大きな役割です。(憲法第54条)

衆院選の後の特別国会では首相の指名に注目が集まりますが、最初に行っているのは衆議院議長・副議長の選出と議会内での座る場所の決定です。

前回の特別国会は2017年の衆院選のあとに行われた第195回国会でした。

4.参議院の緊急集会

最後に紹介する参議院の緊急集会は少し特殊な国会です。衆議院が解散すると同時に参議院も閉会となります(憲法55条)。衆議院に誰もおらず参議院も閉会中…!そんなときに災害や外交などで一刻を争うことが起きた際に参議院だけで対応するために行われるのが参議院の緊急集会です。

緊急事態に対応するために参議院が審議・決定を行うのですが、緊急集会での審議・決定には解散総選挙後の衆議院が召集された後10日以内に衆議院からの同意―お墨付きがないと効力を失ってしまいます(憲法54条3項)。

参議院の緊急集会が開かれるのは緊急事態のときのため非常にまれです。現行の国会法の下での開催はまだなく、1952年に中央選挙管理委員会の委員任命のためと1953年に一般会計等の暫定予算の議決のための2回しか召集されたことはありません。

参考:参議院のあらまし・参議院の緊急集会

日本の国会は常に開かれている訳ではない!

ここまで4種類の国会を紹介しましたが、国会は、様々な議題や政策を話し合い法案を作るために、常に開かれているというわけではありません。国会が開かれていない時には、閣僚や国会議員は海外視察や外交を行ったり、地元の支援者に対するアピールのためにお祭りなどに出ていたりする姿を報道などでもよく目にするかもしれません。

一方、海外では、常に議会が開かれていたり、次の国会でも継続して法案を審議できる「通年会期制」を採用している国もあります。常に議会を開いているのでコストはかかってしまうかもしれませんが、議員の仕事である「議会で国のために議論をする」というのが分かりやすい制度といえますし、緊急事態が起きても即座に対応できるという点もあります。

国の政策を議論するために通年会期制で長い時間を費やすのも大切ですし、一方で期限(会期)を決めて話し合うことも大切です。どのような国会の形が良いかは様々な意見・論点がありますが、国会議員の皆さんにはしっかりと議論を尽くしてほしいですね。2020年の通常国会では一体どんな議論が行われるのでしょうか?引き続き注目していくことにしましょう。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

関連記事

市政への信頼回復をどうはかる?和光市長選は新人2名の一騎打ち!

2021/05/21

前原・細野・江田新党の衝撃!野党再編の鍵をにぎる隠れた主役とその背景

2015/11/12

「有田みかん」をどう守る?!有田市長選は現職・新人の一騎打ちに

2020/09/03