選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

中村 裕之

ナカムラ ヒロユキ56歳

  • website
  • twitter
  • facebook
中村 裕之
党派・会派
自由民主党衆議院議員
もっと詳しく

中村裕之 最新活動情報

中村裕之 SNS情報

プロフィール・略歴

中村裕之 パーソナルデータ

  • 生年月日1961年2月23日
  • 年齢56歳
  • 星座うお座
  • 出身地北海道余市郡余市町。
  • 好きな食べ物味噌ラーメン
  • 好きな本、漫画、雑誌『選択』

中村裕之 略歴

  • 北海道余市郡余市町出身。
  • 北海学園大学卒業。
  • 北海道庁総務部札幌北道税事務所に勤務後、会社役員を経て、2003年より北海道議会議員、3期当選。
  • 2012年12月、第46回衆院選北海道4区にて初当選、現在2期目。
  • その他公職として、北海道PTA連合会会長、日本青年会議所道南ブロック会長などを歴任。

政治家を志したきっかけ

青年会議所やPTAの活動を通して政治の役割の重要性を感じました。

特に、余市青年会議所理事長としてJR小樽~仁木間電化の署名運動を行ったが、住民の熱意だけでは実現できず、政治の力が必要だと感じ、仲間からの支援をもらい政治の道を歩む決断をしました。

活動実績

・国道5号バイパス「共和~余市間」に続き「倶知安~余市間」新規事業化を実現化しました。

・余市方面への分岐点「小樽JCT」フル化が決定しました。当初は小樽IC・朝里ICから余市方面へ行けない計画だったのですが、地元一丸の要請活動が実り、計画変更できました。

・高速道路「手稲I C」に、小樽方面へ向かう乗り口が新設されることになり、建設工事が進められます。平成30年度の供用開始を目指しています。

・医療用ジェット機「メディカル・ウイング」の運行補助金を新規に獲得しました。

・銭函駅のバリアフリー設備が2017年10月7日に供用開始されます。

・安全保障委員会理事としてこの1年間、北朝鮮のミサイル問題等の対応に奔走してまいりました。地元の陸上自衛隊倶知安駐屯地に新たに移動監視隊が新編され、道内では唯一の増員駐屯地となりました。

・雪寒道路指定見直しの重要性を委員会質疑で訴え、20年振りの指定変更を実現しました。その結果、札幌市管理道路への国からの除雪費補助金が倍増しました。

・北海道生まれのパークゴルフの振興をはかるため、自民党にパークゴルフ普及振興議員連盟の設立を主導し、設立総会で初代事務局長に就任しました。

中村裕之 政策・メッセージ

政策メッセージ

衆議院選挙が政権選択の選挙であります。自衛隊の違法性を唱え、平和安全法の廃止を訴える「理想平和主義」に流されることなく「現実平和主義」を徹底して参ります。

ミサイル防衛や国境警備をはじめ、大規模災害に備えた国土強靭化、老朽化対策も国民の命と暮らしを守るために待ったなしです。

同時に持続可能な日本社会を維持し続けるためには経済を成長させGDP600兆円を目指さなければなりません。未来に向けて幼児教育から高等教育までの無償化や第四次産業革命、働きかた改革、同一労働同一賃金(特に女性の賃金)に取り組みます。

こうした必要な政策を遂行するためには一旦、財政健全化目標を凍結しなければなりません。

経済成長の果実を着実に産み出す経済を実現することにより、持続可能な日本社会を築いていきます。

住民の皆様へのメッセージ

私の愛する北海道は四季折々の自然や海山の豊かで安全な食、広大な景観に恵まれた東アジアの真珠と言える地域です。世界一のバウダースノーや冷涼な気候を求めて国内外からのお客様を道民は優しく迎えています。

また、縄文やアイヌ文化に加え全国からの開拓移住者が多様な文化を持ち込んでいます。
まさに「多様性の王国」と呼ぶにふさわしい地域です。

私、中村裕之はこれらの価値を最大化するため、地域の文化や資源を最大限活用し、地方創生を進めて参ります。
北海道のポテンシャルをいち早く引き出し、「北海道価値」を高めて参ります。
そのことが、日本の魅力アップに繋がり国家に貢献すると確信し、仲間とともに歩んでいきます。

これまでの得票状況

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を集めています。あなたも選挙ドットコムのサポーターになって協力してくれませんか?

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.