選挙ドットコム

【枚方市長選】現職と新人の一騎打ち|現職 伏見隆氏 VS 新人 大橋智洋氏

2019/8/31

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

8月25日に告示された枚方市長選挙には、大阪維新の会で現職の伏見隆(ふしみ たかし)氏(51)、無所属で新人の大橋智洋(おおはし ともひろ)氏(40)の2名が立候補しました。投開票は9月1日に行われます。

今回はこれまでの伏見市政の是非、まちづくり政策などが主な争点と考えられます。

さらなる行財政改革・まちづくりを進めたい。現職 伏見隆氏

伏見氏は1968年生まれ、京都産業大学経営学部卒業。1993年に極東貿易株式会社に入社後、2000年から政策学校「一新塾」で学びました。2002年に極東貿易株式会社を退社し、立命館大学大学院政策科学研究科博士課程前期課程に入学(2004年10月に退学)。2003年の枚方市議選で当選し枚方市議を2期、2011年の大阪府議選で当選し府議を1期務めました。2015年の府議選には立候補せず、同年8月の枚方市長選に立候補・当選し、今回の枚方市長選は2期目への挑戦となります。

伏見氏の掲げる政策は?

伏見氏は「さらなる改革、そして成長へ。」をスローガンに以下の政策を掲げています。

子育て政策・未来を見据えた政策を進めたい。新人 大橋智洋氏

大橋氏は1979年生まれ、大阪市立大学法学部政治行政学科卒業。2003年に法務省大阪保護観察所に入省し、保護観察官として少年非行問題に取り組み、保護観察や仮釈放といった業務に従事しました。その後、衆議院議員・平野博文氏の秘書を経て2011年の枚方市議選に立候補・初当選し市議を2期務めました。

大橋氏の掲げる政策は?

大橋氏は「有言実行 5つのお約束」をスローガンに以下の政策を掲げています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【枚方市長選】現職と新人の一騎打ち|現職 伏見隆氏 VS 新人 大橋智洋氏

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube