選挙ドットコム

【立川市長選】新人と現職の一騎打ち|新人 酒井大史氏 VS 現職 清水庄平氏

2019/8/31

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

8月25日に告示された立川市長選挙には、新人の酒井大史氏(51)、現職の清水庄平氏(74)の無所属2名が立候補しています。投開票は9月1日に行われます。

今回はこれまでの清水市政の是非や子育て政策などが主な争点と考えられます。

市民の声を聴き、職員のやる気を活かした市政を。新人 酒井大史氏

酒井氏は1968年立川市生まれ、中央大学法学部卒業。伊藤忠建機株式会社社員を経て、1994年から立川市議を2期務めました。2001年の東京都議選に初当選し、以降2013年の都議選まで4期連続当選。2017年の都議選で5期目に挑戦しましたが落選。2001年には中央大学大学院法学研究科博士前期課程を修了しています。

酒井氏の掲げる政策は?

酒井氏は「幸せを選択しよう 新しい市長が立川を変える!」以下の政策を掲げました。

これまでの実績をさらに積み重ね、発展のある市政を進めたい。現職 清水庄平氏

清水氏は1945年立川市(旧砂川町)生まれ、日本大学法学部卒業。1982年から1991年に立川市議を、1991年から2003年に立川市収入役を務めました。2007年の立川市長選に初当選し、以降2015年の市長選まで3期連続当選。今回は4期目への挑戦となります。

清水氏の掲げる政策は?

清水氏は以下の5つの重点政策を「私と皆様との約束」として掲げました。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【立川市長選】新人と現職の一騎打ち|新人 酒井大史氏 VS 現職 清水庄平氏

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube