選挙ドットコム

埼玉県知事選に立候補|青島健太(あおしま けんた)氏の経歴・政策は?

2019/8/13

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

任期満了に伴う埼玉県知事選挙(8月8日告示、25日投開票)に青島健太氏(61)が立候補しています。
青島氏はスポーツライターで元プロ野球選手の新人で、自民・公明両党の推薦を受け、無所属での立候補です。

現職の上田清司知事は立候補せず、青島氏の他に立候補を届け出たのは前参議院議員で立憲民主、国民民主、共産、社民の各党の県連などが支援する無所属の大野元裕氏(55)、元高校教諭で無所属の武田信弘氏(65)、医師でNHKから国民を守る党公認の浜田聡氏(42)、元建設会社社員で無所属の櫻井志津江氏(63)です。

新潟県出身の青島氏。プロ野球選手、スポーツキャスターを経て、埼玉県知事選に初挑戦

青島健太氏は1958年4月7日、新潟県新潟市の生まれで現在61歳です。慶応義塾大学法学部政治学科を卒業後、東芝に入社。東芝野球部に4年間在籍し、1985年にはヤクルトスワローズに入団します。同球団で5年間プレーした後、プロ野球選手を引退。オーストラリアに渡り、帰国後にはスポーツライターとしてセカンドキャリアをスタートさせ、五輪キャスターなど多数の実績を重ねてきました。

現在はテレビキャスター、著作活動などに従事。慶応義塾大学、立教大学、流通経済大学、鹿屋体育大学、日本医療科学大学で非常勤講師、客員教授等を歴任しています。

青島氏の政策理念

青島氏は自身のHPによれば、「『輝く埼玉』をめざして7つの全力投球!」をキャッチコピーとし、

・子供たちの明るい将来を最優先で考える県政実現に全力投球!
・いつまでも健康で安心して暮らせる社会実現に全力投球!
・中小企業・地域経済の活性化に全力投球!
・スポーツ、芸術、エンターテインメントの振興に全力投球!
・「強靭な県土づくり」防災・減災・防犯・安全対策に全力投球!
・すべての県民に寄り添う県政実現に全力投球!
・歴史や文化、緑豊かな埼玉の自然を守り、次世代へしっかりと引き継ぐことに全力投球!

を具体的な政策として掲げています。

埼玉県知事選挙

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム埼玉県知事選に立候補|青島健太(あおしま けんた)氏の経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube