選挙ドットコム

【美唄市長選】新人 坂東知文氏 VS 現職 高橋幹夫氏

2019/6/8

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

6月2日に告示された美唄市長選挙には、新人の坂東知文氏(66)、現職の高橋幹夫氏(55)の無所属2名が立候補しました。投開票は6月9日に行われます。

今回は高橋市政の是非、市立病院の建て替えの是非などが主な争点と考えられます。

市民による市民のための政治で美唄らしい未来を切り拓きたい。新人 坂東知文氏

坂東氏は1952年北海道美唄市生まれ、明治大学政治経済学部政治学科卒業。美唄市に入庁し、財務課長、健康福祉部長、総務部長を務めました。教育委員会教育長、美唄副市長などを歴任。北海道都市職員共済組合監事、美唄自動車学校校長、認定NPO法人アルテピアッツァびばい理事を歴任。2013年に北海道社会貢献賞(自治功労者)を受賞しました。2011年美唄市長選挙に立候補しましたが5票差で高橋氏に敗れ、今回は2度目の挑戦となります。

坂東氏は「変えよう美唄、市民の力で」をスローガンに以下の政策を掲げました。

美唄の未来のため、市立病院の建て替えやまちの活力創出を実現したい。現職 高橋幹夫氏

高橋氏は1963年北海道美唄市出身、服部栄養専門学校卒業。有限会社角屋に入社し、1997年に同社の代表取締役に就任しました。美唄青年会議所理事長を経て、2007年および2011年の美唄市議選挙に連続当選しました。2011年に市議を辞職し、美唄市長選に立候補、初当選を果たしました。2015年に再選し、今回は3期目への挑戦となります。

高橋氏は「人を元気にまちも元気に 光り輝く美唄へ」をスローガンに以下の政策を掲げました。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【美唄市長選】新人 坂東知文氏 VS 現職 高橋幹夫氏

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube