選挙ドットコム

堺市長選に立候補。永藤英機(ながふじ ひでき)氏の経歴・政策は?

2019/6/7

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

前市長の辞職に伴う堺市長選挙(5月26日告示、6月9日投開票)に、大阪維新の会で新人の永藤英機氏(42)が立候補しました。

なお、堺市長選には無所属で新人の野村友昭氏(45)、NHKから国民を守る党で新人の立花孝志氏(51)が立候補しています。

兵庫県芦屋市出身、大阪府立大学卒業。システムエンジニアを経て大阪府議を2期務める

永藤氏は1976年兵庫県芦屋市出身、大阪府立大学経済学部経済学科卒業。株式会社オービックでシステムエンジニアとしての勤務を経て、2011年および2015年の大阪府議選に連続当選しました。2017年の堺市長選に立候補しましたが落選し、いったんは政治家を引退したものの、前市長が辞職し「市民の信頼を取り戻したい」として再出馬しました。

永藤氏が掲げる政策とは

永藤氏は自らのホームページにおいて以下の政策を公表しています。

しがらみのないクリーンな市政で、全ての世代が希望を持てる堺へ

市政に対する信頼を回復します
政治とお金の問題に終止符を打ち、市政に対する信頼を回復します。

これまでの税金の使い方を総点検します
堺市の全事業の必要性・効果等をゼロベースで見直すとともに、これまでの税金の使い方を総点検します。

新しい堺を創る3つの柱

①堺の成長戦略
大阪府・大阪市と戦略面から連携しながら、成長する堺を創っていきます。

②自治機能の強化による住民サービスの拡充
住民の課題に迅速に対応できる行政を実現します。

③民間にできることは民間で
民間の力を活用して雇用を生み出し、堺の都市魅力を高めます。

◎実感できる子育て・教育のまち
・中学校全員給食の実施
・保育所の待機児童ゼロ
・全国トップを目指す英語教育やIT教育

◎誰もが安心して暮らせるまちに
・独居老人や老々介護世帯のごみ出し支援
・障がい者のサポート
・おでかけ応援制度の利用範囲の拡充

◎住んでよかったと実感できる堺に
・上下水道料金の値下げ
・戦略的な防犯カメラ・防犯灯の設置による徹底した防犯対策

◎『堺の活気』を感じるまちに
・主要駅を核としたまちづくり
・観光客を誘致するため堺も「大阪観光局」に参加
・近隣センターを核とした泉北ニュータウンの再生

◎次世代交通網の整備を実現
・東西交通網の計画に着手
・中百舌鳥駅の乗り継ぎ改善
・大阪ベイエリアの水上交通

◎市民の常識を市役所に
・ICT戦略部門の設置
・財務マネジメントの徹底
・外郭団体の必要性の見直し
・パークマネイジメントの導入

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム堺市長選に立候補。永藤英機(ながふじ ひでき)氏の経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube