選挙ドットコム

2019年5月世論調査まとめ|与党支持率はやや上昇 

2019/6/4

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

5月中に行われ、有効回答数や回答を公開している報道機関10社の世論調査の結果をまとめ、比較しました。なお、各社の調査日や手法は異なるため、あくまでも参考値としてご覧ください。
※共同通信社は5月中に世論調査を2回行っていますが、本記事では5月1-2日に行われた世論調査を対象にしています。

内閣支持率は上昇傾向

先月に引き続き、内閣支持率は上昇傾向にあります。共同通信社の調査で前回4月1-2日から2.3ポイント減少の50.5%になったほかは、すべての調査で支持率が上昇する結果になりました。
特に上昇の幅が大きかったのはJNN(TBSテレビ)の調査で、前回4月6-7日に行われた調査から4ポイント上昇の57.4%になっています。次いで大きかったのは産経新聞・フジテレビの調査で、前回4月6-7日に行われた調査から2.8ポイント上昇の50.7%になりました。

内閣不支持率もまた、前回に引き続き減少の傾向を見せています。共同通信が前回の調査から3.8ポイント上昇の36.2%となり、読売新聞・日本テレビ(前回調査は4月1-2日)、朝日新聞(前回調査は4月13-14日)がそれぞれ前回の調査から変動なしの32.0%となった以外は、すべての調査で内閣不支持率が減少する形となりました。
特に減少の幅が大きかったのは毎日新聞の調査で、前回4月13-14日に行われた調査から6ポイント減少の31.0%になっています。次いで大きかったのは時事通信の調査で、前回4月5-8日の調査から3.2ポイント減少の31.1%になりました。

自民党は微増傾向、立憲民主党は変わらず

 

与党である自民党の支持率は、前回に引き続き、やや微増する形になっています。
前回の調査から上昇したのは、読売新聞、毎日新聞、産経新聞・フジテレビ、ANN(テレビ朝日)のそれぞれ調査です。特に大きかったのは読売新聞・日本テレビの調査で、前回から4ポイント上昇の42.0%になりました。
一方、前回の調査から減少に転じたのは、共同通信、時事通信、朝日新聞、NHK(前回調査は4月5-7日)、TBS、日経新聞(3月時点、3月22-24日)のそれぞれ調査です。特に大きかったのは共同通信で、前回から2.6ポイント減少の40.4%になりました。

野党第1党の立憲民主党は、全体を通しての支持率はほぼ前回と変わりません。上昇の幅が最も大きかったのは共同通信で、前回から1.9ポイント上昇の9.8%になりました。また、減少の幅が大きかったのは産経新聞・フジテレビの調査で、前回から2.2ポイント減少の7.4%になっています。

5月はアメリカのトランプ大統領の来日をはじめ、先月に続き政治状況が目に触れやすい月でした。参院選も控えており、引き続き情勢から目を離せません。

<参考>
NHK 世論調査(5月10~12日実施、回答数1260)
JNN(TBSテレビ) 世論調査(5月11〜12日実施、回答数1187)
産経新聞・フジテレビ 世論調査(5月11~12日実施、回答数1000)
時事通信 世論調査(5月10~13日実施、回答数1256)
朝日新聞 世論調査(5月18〜19日実施、回答数1906)
読売新聞・日本テレビ 世論調査(5月17~19日実施、回答数1063)
共同通信 世論調査(5月18~19日実施、回答数1032)
毎日新聞 世論調査(5月18~19日実施、回答数1008)
ANN(テレビ朝日)世論調査(5月19~20日実施、回答数1018)
(データ分析・執筆協力:若林良)

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム2019年5月世論調査まとめ|与党支持率はやや上昇 

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube