選挙ドットコム

【青森県知事選】新人 佐原若子氏 VS 現職 三村申吾氏

2019/6/1

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

5月16日に告示された青森県知事選には、新人の佐原若子氏(65)、公明党が推薦する現職の三村申吾氏(63)の無所属2名が立候補しました。投開票は6月2日に行われます。

今回は三村県政の是非、原子力政策などが主な争点と考えられます。

脱原発、県民の立場に立ち安心して子育てのできる青森を。新人 佐原若子氏

佐原氏は1953年青森県五所川原市出身、鶴見大学歯学部歯学科卒業。東京歯科大学小児歯科、清藤歯科に歯科医として勤務し、現在は小嶋歯科医院院長を務めています。日本歯科用レーザー学会理事を歴任し、現在は青森県保健医協会理事、市民連合あおもり幹事を務めています。

佐原氏は「女性知事の誕生で新しい青森を 一人ひとりを大切にする県政に」をスローガンに以下の政策を掲げました。

住みやすく人材を育む青森を目指し、初心を忘れず県政に邁進したい。現職 三村申吾氏

三村氏は1956年青森県上北郡百石町(現おいらせ町)生まれ、東京大学文学部卒業。新潮社に入社し、出版部で文芸書編集を担当しました。1987年に百石町へ戻り、その後の百石町長選に35歳で当選しました。1996年に衆院選に立候補するも落選し、2000年の衆院選に再挑戦し初当選しました。衆議院総務常任委員、衆議院農林水産常任委員、衆議院懲罰常任委員、衆議院災害対策特別委員を歴任。2003年に衆議院議員を辞職し青森県知事選に立候補、初当選を果たしました。それ以降4期連続当選し、今回は5期目への挑戦となります。

三村氏は「確かな未来へ!ステージアップあおもり」をスローガンに以下の政策を掲げました。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【青森県知事選】新人 佐原若子氏 VS 現職 三村申吾氏

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube