選挙ドットコム

島田三郎参議院議員が62歳で逝去|島田三郎(しまだ さぶろう)氏の経歴は?

2019/5/9

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

自民党参議院議員の島田三郎氏が、5月8日午前5時30分に東京都内の病院で逝去しました。享年62歳でした。竹下登元首相の秘書や島根県議会議員を務め、2013年参議院議員選挙の島根選挙区で初当選。2016年の参院選から島根選挙区が合区対象となり、島田氏は「特定枠」での立候補が決まっていたものの、体調不良を理由に政界引退の意向を固めていました。

島根県出身の島田氏。竹下元首相の秘書を経て、島根県議を5期、参議院議員を1期務める

島田三郎氏は1956年7月6日、島根県安来市安来町の生まれ。2019年5月8日に享年62歳で逝去しました。青山学院大学経済学部を卒業後、1980年に竹下登事務所に入所。1995年に島根県議会議員選挙に立候補し初当選。以来、5回の連続当選を重ね、島根県議会農林水産委員会委員長、島根県議会・議会運営委員会委員長、島根県議会副議長などを歴任してきました。

島根県議5期目の途中、2013年の第23回参議院議員選挙に立候補し、202,181票を得て初当選を果たします。同年には参議院総務委員会(理事)、参議院予算委員会、参議院地方・消費者問題に関する特別委員会(筆頭理事)を歴任。
2016年には総務大臣政務官、内閣府大臣政務官に就任しました。現在は参議院総務委員会委員、参議院消費者問題に関する特別委員会委員、自民党島根県支部連合会副会長、参議院自民党政策審議会副会長などを務めていました。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム島田三郎参議院議員が62歳で逝去|島田三郎(しまだ さぶろう)氏の経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube