選挙ドットコム

衆院沖縄3区補選に立候補|屋良朝博(やら ともひろ)氏の経歴・政策は?

2019/4/11

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

玉城デニー氏の沖縄県知事転身に伴う衆議院沖縄3区(名護市、沖縄市、うるま市、国頭郡、伊平屋村及び伊是名村)の補欠選挙(4月9日告示、4月21日投開票)に県政与党や立憲民主党、自由党、共産党、社民党などが支援する無所属新人の屋良朝博氏(56)が立候補しました。

なお、同選挙には自民党公認の新人、島尻安伊子氏(54)が公明・維新2党の推薦を受け立候補しています。

沖縄県生まれ、フィリピン国立大学卒業。沖縄タイムス社を経てフリーランスライターに

屋良朝博氏は1962年沖縄県生まれ、フィリピン国立大学卒業。沖縄タイムスに入社し、主に沖縄の基地問題を担当。論説委員、社会部長を歴任しました。2007年から1年間、ハワイ大学東西センターで客員研究員として米軍再編を研究しました。2012年に退職し、2014年から2017年に沖縄国際大学において非常勤講師を務めました。現在はフリーランスライターとして活動する他、民間シンクタンク・新外交イニシアチブ評議員を務めています。

屋良氏の政策は?

屋良氏は自らのホームページにおいて政策「ヤラともひろが考える 21世紀うまんちゅ行動計画!」を公表しています。

~米軍基地編~
1 辺野古不要の普天間返還プランを策定、実現を目指す
2 基地従業員の雇用不安を解消
3 基地返還・縮小の計画を策定
4 高齢化した地主へもきめ細かな対応
5 既存施設の利活用を可能に
6 日米地位協定を見直し主権を守る
7 欧州並みの基地使用協定くらい締結させたい
8 沖縄を平和のバッファゾーンに

~経済・くらし・生活編~
1 児童保育を拡充
2 中北部地域の夜間保育環境の整備
3 高齢者ケアを再検討

~その他の施策~
・観光で北部を元気に
・社会発展を人への投資で
・北部の医療体制を充実
・輸送コスト低減で企業収益と所得をアップ
・やんばるに新名所
・沖縄の地方分権、自己決定権を
・障害児も地域の学校へ
・子どもへの暴力、虐待を撲滅
・沖縄ブランドで海外市場を狙う
・沖縄を物流拠点に
・個々の違いを認め合う社会を

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム衆院沖縄3区補選に立候補|屋良朝博(やら ともひろ)氏の経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube