選挙ドットコム

【徳島県知事選】現職と新人2人の三つ巴の争い|新人 天羽篤氏 VS 現職 飯泉嘉門氏 VS 新人 岸本泰治氏

2019/4/6

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

3月21日に告示された徳島県知事選には、共産党・新人の天羽篤(あもう・あつし)氏(68)、無所属で自民・公明各党の県本部が推薦する現職の飯泉嘉門(いいずみ・かもん)氏(58)、無所属で新人の岸本泰治(きしもと・たいじ)氏(61)の3名が立候補しました。投開票は4月7日に行われます。

今回は飯泉県政の是非が最大の争点となっているとされます。

県政のゆがみを正し、県民の命とくらし最優先の政治を実現したい。新人 天羽篤氏

天羽氏は高知県安芸市生まれ、近畿大学農学部卒業。旧農林省神戸植物防疫所勤務を経て、1983年から小松島市議を8期務めました。現在は芝田学童保育クラブ運営委員会会長、芝生松寿会副会長、小松島市生健会事務局長、日本共産党県議員相談室長を務めています。

天羽氏は「安心・元気・希望の徳島へ」をスローガンに以下の政策を掲げました。

地方創生から日本創生の実現を目指し、県民とともにチャレンジしたい。現職 飯泉嘉門氏

飯泉氏は東京大学法学部卒業。自治省に入省し、埼玉県企画財政部財政課長、自治省財政局調整室課長補佐、郵政省通信政策局地域情報化プロジェクト推進室長、自治省税務局企画課税務企画官、総務省自治税務局企画課税務企画官、徳島県商工労働部長、徳島県県民環境部長などを歴任しました。2003年から徳島県知事選に4期連続当選を果たしました。今回は5期目への挑戦となります。

飯泉氏は「とくしま『未知』知るべ戦略!」をスローガンに以下の政策を掲げました。

変革なくして進化なし、躍動感ある地方創生を実現したい。新人 岸本泰治氏

岸本氏は徳島県国府町出身、同志社大学経済学部卒業。株式会社徳島そごう社員を経て、2007年から徳島県議選に3期連続当選を果たしました。県土整備委員会委員、文教厚生委員会委員、防災対策特別委員会副委員長、普通会計決算認定特別委員会副委員長、議会運営委員会委員、地方創生対策特別委員会委員、企業会計決算認定特別委員会などを歴任しました。

岸本氏は「もう一度あの強い徳島を!! 誇りある徳島を取り戻そう!」をスローガンに以下の政策を掲げました。

 

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【徳島県知事選】現職と新人2人の三つ巴の争い|新人 天羽篤氏 VS 現職 飯泉嘉門氏 VS 新人 岸本泰治氏

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube