選挙ドットコム

北海道知事選立候補予定|鈴木直道(すずき なおみち)氏の経歴・政策は?

2019/3/7

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

2月1日の記者会見において、任期満了にともなう北海道知事選挙(3月21日告示、4月7日投開票)に鈴木直道氏(37)が立候補を表明しています。
鈴木氏は前夕張市長で、自民・公明両党の推薦を受けての立候補となります。

なお、北海道知事選挙には、新人の石川知裕氏(45)が立候補を表明しています。

 埼玉県出身の鈴木氏。全国最年少で夕張市長に就任し、2期を務める

鈴木直道氏は1981年3月14日、埼玉県三郷市の生まれで現在37歳です。1999年に東京都庁へ入庁し、都庁勤務のかたわら2004年に法政大学法学部法律学科を卒業しました。夕張市への派遣、東京都知事本局総務部より内閣府地域主権戦略室への出向を経て、2010年には夕張市行政参与に就任。同年に都庁を退職しました。

2011年の夕張市長選挙に立候補し、3,569票を得て当時全国最年少(30歳1か月)で初当選。2013年には「ヤング・グローバル・リーダーズ(YGL)」に選出され、2014年には財務省・財政制度等審議会に有識者として参加。2015年の夕張市長選挙では再選を果たしました。

鈴木氏の政策理念

鈴木氏は自身のHPによれば、キャッチコピーを「活力あふれる北海道の未来へ全力!」とし、

・「元気な北海道づくり」に全力!

北海道経済の活性化、雇用の創出・確保
世界に誇る農林水産業の振興
世界にはばたく食と観光の「北海道ブランド」の発信
文化、芸術、エンターテイメント、スポーツの振興

・「子どもたちの未来のため」に全力!

北海道の未来をけん引する人づくり
待ったなしの人口減少・少子高齢化への対応
安心して産み育てられる地域社会の実現

・「道民の安全・安心な暮らし」に全力!

地域医療・介護・福祉の充実
災害に強い「強靭な北海道」づくり
暮らしの利便性を高める社会資本整備・交通体系の構築

を具体的な政策として掲げています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム北海道知事選立候補予定|鈴木直道(すずき なおみち)氏の経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube