選挙ドットコム

佐賀県知事選に立候補。新人 今田真人(いまだ まさと)氏の経歴・政策は?

2018/12/13

選挙ドットコム 編集部

選挙ドットコム 編集部

任期満了にともなう佐賀県知事選(11月29日告示、12月16日投開票)に、新人の今田真人氏(72)が立候補しています。今田氏は共産党佐賀県委員会などでつくる「みんなで明るい佐賀県政をつくる会」から知事選の候補者として選出され、共産党の推薦を受け無所属で立候補しています。

なお、佐賀県知事選には現職の山口祥義氏(53)が自民・公明の推薦を受け、無所属で立候補しています。

佐賀県知事選に立候補。現職 山口祥義氏(やまぐち よしのり)氏の経歴・政策は?

兵庫県神戸市出身。佐賀大学在学中に共産党に入党、党県委員会書記長などを経て党県委員会委員長に

今田氏は兵庫県神戸市出身、佐賀大学教育学部卒業。大学在学中に共産党に入党し、党県委員会書記長、同副委員長、党県東部地区委員長を歴任。2014年から党県委員会委員長を務めています。

今田氏が掲げる政策とは

今田氏が今回の選挙で最重要課題としているのは以下の3点です。

◎オスプレイ配備NO!佐賀の空と安全を守るのはいまだ
公害防止協定は、県と県民の約束です。佐賀空港の軍事基地化に反対します。

◎再生可能エネルギー転換 玄界原発NO!
電気が余れば、止めるべきは危険な原発です。自然エネルギーを活かし原発ゼロを求めます。

◎有明海再生へ 諫早水門の開門を国に要望
有明海再生の事業は待ったなしです。諫早水門開門を行ってこそ再生もできます。

また、政策テーマとして「若者が輝く佐賀県 農林水産業の振興」を掲げています。

・小中校のすべての教室にエアコンを
・子ども医療費無料化を高校卒業まで
・雇用は正規雇用で、中小企業支援の増額
・最低賃金は時給1000円に
・重度身障者(児)およびひとり親家庭の医療費の窓口無料化
・国保税の引き下げへ、国からの支援を求め、県独自でも繰り入れを
・消費税増税に反対します ほか

この記事をシェアする

選挙ドットコム 編集部

選挙ドットコム 編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム佐賀県知事選に立候補。新人 今田真人(いまだ まさと)氏の経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube