選挙ドットコム

内閣支持率にほとんど差はなし。立憲民主党はやや支持率微増 10月 世論調査まとめ

2018/10/30

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

10月中に行われ、有効回答数や回答を公開している報道機関10社の世論調査の結果をまとめ、比較しました。なお、各社の調査日や手法は異なるため、あくまでも参考値としてご覧ください。

内閣支持率には大きな変化なし。支持率と不支持率はほぼ拮抗

「安倍内閣を支持しますか?支持しませんか?」といった旨の内閣支持・不支持率について10社を比較すると、まず支持率においては、日本経済新聞・テレビ東京の調査が、前回9月21~23日に行われた調査より5ポイント減少の50%となった以外は、前回から大きな差異はありませんでした。

読売新聞、NHK、毎日新聞の調査においては、支持率は前回と同じ数値となりました。読売新聞が前回9月21~23日の調査と同様の50%、NHKが前回9月15~17日の調査と同様の42%、毎日新聞が前回9月1~2日の調査と同様の37%となっています。

不支持率においては、もっとも振れ幅が大きかったのは日経新聞の調査で、前回9月21~23日の調査から3ポイント上昇の、42%になりました。
加重平均においても前回とほとんど変動がなく、支持率が不支持率を4ポイントほど上回っている状態です。

支持率下落が続いていた立憲民主党は、やや回復傾向

与党である自民党の支持率は、10社のうち、最も上昇の振れ幅が大きかったのはJNNの調査で、前回9月1~2日の調査から7.9ポイント上昇の38.4%。次いで大きかったのは読売新聞で、前回の調査から3ポイント上昇の43%でした。減少の振れ幅が大きかったのはANNで、前回9月15~16日の調査から3.4ポイント減少の43.2%、次いで朝日新聞が、前回9月8~9日の調査から3ポイント減少の37%となっています。全体を通しては、大きな変化はありませんでした。

野党第一党である立憲民主党は、支持率の下落が続いていたものの、10月に入ってやや回復を見せました。特にANNの調査では3.7ポイント上昇の10.4%、共同通信が前回9月20~21日の調査から2.4ポイント上昇の8.7%となっています。

自民党の総裁選も終わり、新たな体制で国政が動く今、与野党ともに、新たな動きが見込まれます。それとともに、支持率はまたどのような変動を見せるのでしょうか。

<参考>
読売新聞 世論調査(10月2~3日実施、回答数1121)
共同通信 世論調査(10月2~3日実施、回答数1015)
日経新聞 世論調査(10月2~3日実施、回答数943)
毎日新聞 世論調査(10月6〜7日実施、回答数1005)
時事通信 世論調査(10月5~8日実施、回答数1252)
NHK 世論調査(10月6~8日実施、回答数1271)
朝日新聞 世論調査(10月13〜14日実施、回答数1937)
JNN(TBSテレビ) 世論調査(10月13〜14日実施、回答数1248)
産経新聞・フジテレビ 世論調査(10月13~14日実施、回答数1000)
ANN(テレビ朝日)世論調査(10月20~21日実施、回答数1097)

(データ分析・執筆協力:若林良)

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム内閣支持率にほとんど差はなし。立憲民主党はやや支持率微増 10月 世論調査まとめ

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube