選挙ドットコム

吉川貴盛氏が初入閣。斎藤健氏の後任の農水大臣として|吉川貴盛(よしかわ たかもり)氏の経歴・政策は?

2018/10/4

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

安倍晋三首相は10月2日に、第4次安倍内閣の改造人事を発表しました。農林水産大臣には、二階派の吉川貴盛氏を起用。吉川氏は今回の内閣改造で初入閣を果たしました。ここで吉川氏の経歴や政策を振り返ってみることにしましょう。

東京都出身の吉川氏。北海道議会議員を経て、衆議院議員を6期務める

吉川貴盛氏は1950年10月20日、東京都の生まれで現在67歳です。日本大学経済学部を卒業後、故・鳩山威一郎氏、鳩山邦夫氏の秘書を務めます。1979年の北海道議会議員選挙で初当選し、3期を務めました。

996年の第41回衆議院議員選挙では、北海道2区から自民党公認候補として立候補し初当選。以来、6回の当選を重ねています。1997年には北海道開発政務次官に就任。2007年には北海道大学公共政策大学院を修了しています。2008年には経済産業副大臣に就任。消費問題に関する特別委員会委員長、農林水産副大臣、自民党経理局長、自民党道連会長を歴任し、2017年には自民党経理局長に再々任しました。その後、衆議院経済産業委員会筆頭理事などを務め今回2018年10月の内閣改造で農林水産大臣に就任しました。

吉川氏の政策理念は?

吉川氏は自身のHPによれば、

子供たちの未来へ。

一人ひとりが輝く未来への頂。

安全で安心な日本の未来へ。

を政策スローガンとして掲げています。具体的には、

・幼児教育・保育の無償化、高等教育への負担軽減、子供医療費への支援の充実、「子供を守る政策」の推進
・経済の好循環の促進による可処分所得の増加、「働き方改革」の推進による雇用環境の改善・人出不足の解消、「食と観光」のブランド化、高齢者・障がいのある方を社会的弱者としないための社会保障制度の充実、国立民族博物館の開館とアイヌ新法の確立
・弾道ミサイルなどの脅威に対する防災機能強化、毅然とした外交交渉の推進、「国土強靭化」による自然災害への対応、新幹線の札幌延伸・空港民営化・都心アクセス道路の開設などの交通施策の強化

などを自身の取り組む政策として掲げています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム吉川貴盛氏が初入閣。斎藤健氏の後任の農水大臣として|吉川貴盛(よしかわ たかもり)氏の経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube