選挙ドットコム

沖縄県知事選 過去最多得票で初当選|玉城デニー(たまき でにー)氏の経歴・政策は?

2018/10/1

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

9月30日に開票を迎えた沖縄県知事選は、開票の結果、立憲民主・国民民主・共産・社民・自由・社大各党などが支援した前衆院議員の玉城デニー氏(58)が396,632票を獲得し、沖縄県知事選挙における過去最多得票での当選を果たしました。

玉城デニー氏 396,632票
佐喜真淳氏 316,458票
兼島俊氏 3,638票
渡口初美氏 3,482票

関連:佐喜真淳(さきま・あつし)氏の経歴・政策は?  >>

沖縄県出身の玉城氏。ラジオパーソナリティー・タレントを経て、沖縄市議1期、衆議院議員4期を務める

玉城デニー氏(本名 玉城康裕氏)は1959年、沖縄県旧与那城村(現うるま市)の生まれで現在58歳です。上智社会福祉専門学校を卒業後、中部地区老人福祉センター、音楽関係企画事務所などに勤務した後、ラジオパーソナリティー・タレントとして活躍しました。

2002年から2005年まで沖縄市議会議員を1期務めた後、2005年の第44回衆議院選挙で沖縄県第3区選挙区から民主党公認候補として立候補するも落選。2009年の第45回衆院選では89,266票を得て初当選を果たします。2012年の第46回衆院選では九州沖縄比例ブロックで再選し、その後現在まで4回の当選を重ねました。

玉城氏の基本政策

玉城氏は自身のHPによれば、キャッチコピーとして「ひたむきに沖縄、自立と共生をめざす政策実行」をあげ、具体的には以下の政策を掲げています。

○地域主権
地域の力を振興する政策をすすめ、沖縄オンリーワンを目指します

○経済/雇用
デフレ不況を脱却して、沖縄の経済力を逞しくします。

○社会保障/医療
安心できる社会保障制度を確立し、沖縄の医療を守ります。

○子育て/教育
子育て環境の充実に取り組み、沖縄の子供たちの笑顔を育みます。

○安全保障
米軍基地の負担軽減を実現させ、沖縄の平和と安全を実現します。

○文化/伝統
自然環境を時代へ引き継ぎ、沖縄の歴史・文化・伝統・魅力を発信します。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム沖縄県知事選 過去最多得票で初当選|玉城デニー(たまき でにー)氏の経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube