選挙ドットコム

【沖縄県知事選】新人4名が立候補。佐喜真淳氏 VS 玉城デニー氏 VS 渡口初美氏 VS 兼島俊氏

2018/9/14

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

9月13日に告示された沖縄県知事選には、自民・公明・維新・希望の4党が推薦する前宜野湾市長の佐喜真淳(さきま・あつし)氏(54)、自由党前衆院議員の玉城デニー(たまき・でにー)氏(58)、元那覇市議で琉球料理研究家の渡口初美(とぐち・はつみ)氏(83)、元会社員の兼島俊(かねしま・しゅん)氏(40)の無所属新人の4名が立候補しました。投開票は9月30日に行われます。

現職の翁長雄志氏の死去に伴う選挙となった今回は、普天間飛行場の返還移設問題や沖縄振興の新たな制度設計などが争点の中心となっています。
【関連】沖縄県知事選 最大の争点は基地移設。序盤は知名度で勝る玉城氏が先行か|選挙ドットコム世論調査(8月30日掲載)

皆が活躍できる豊かな沖縄を実現したい。佐喜真淳氏

佐喜真氏は1964年宜野湾市生まれ、千葉商科大学卒業。大学卒業後にフランスに渡り、旅行会社勤務を経て宜野湾市議を2期務めました。2012年および2016年の宜野湾市長選に2期連続当選を果たしています。今回の知事選出馬に伴い、任期途中で辞職しました。

佐喜真氏は以下の「県民の暮らし最優先宣言10実施政策」を掲げ、「対立から対話の県政」を目指したい考えです。

誇りある豊かさ、沖縄らしいやさしい社会を実現したい。玉城デニー氏

玉城デニー氏(本名 康裕)は1959年旧与那城村(現うるま市)生まれ、上智社会福祉専門学校卒業。中部地区老人福祉センター臨時職員、音楽関係企画事務所勤務、ラジオパーソナリティー・タレント活動を経て2002年の沖縄市議選に当選、1期務めました。2009年から4期連続で衆院選に当選しています。

玉城氏は「誇りある豊かな沖縄 新時代沖縄」をスローガンに掲げています。

沖縄から純正ベーシック・インカムを実現し、新しい資本主義社会を実現したい。渡口初美氏

渡口氏は1935年生まれ。那覇高等学校卒業。東京国際クッキングスクール教師科を卒業後、東京渋谷で龍潭荘を経営。1966年に沖縄に帰京し国際料理学院を設立、郷土料理店を経営しました。1993年の那覇市議選に当選、1期4年務めました。

渡口氏は世界に先駆けた「純正ベーシックインカムの実現」を目標とした、沖縄から始まる新しい資本主義社会を目指す政策を掲げました。

沖縄のため、気軽に行政へ意見を言える環境を作りたい。兼島俊氏

兼島氏は1978年沖縄市生まれ。バンド活動やアパレル店勤務、飲食店勤務などを経て、IT企業で勤務していましたが、今回の選挙の立候補のため退職しています。

兼島氏は気軽に行政へ意見を言える環境を目指し、3か条の選挙公約を掲げています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【沖縄県知事選】新人4名が立候補。佐喜真淳氏 VS 玉城デニー氏 VS 渡口初美氏 VS 兼島俊氏

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube