選挙ドットコム

【小樽市長選】出直し選挙の行方はいかに?現職 森井秀明氏 VS 新人 迫俊哉氏 VS 新人鳴海一芳氏 VS 新人 秋野恵美子氏

2018/8/25

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

8月19日に告示された小樽市長選には、現職の森井秀明氏(45)、新人の迫俊哉(はざま としや)氏(60)、新人の鳴海一芳氏(63)、新人の秋野恵美子氏(66)の無所属4名が立候補しました。投開票は8月26日に行われます。

今回は現職の森井氏の辞職に伴う出直し選挙となりました。

自らの信用を市民に問い、再び小樽再生を目指したい。現職 森井秀明氏

森井氏は恵庭市出身、北海道教育大学卒業。札幌トヨタ社員、南樽整形さいとう理事を経て2003年の市議選に初当選しました。2015年の小樽市長選に初当選を果たしましたが、市議会から辞職勧告や問責決議を受けるなど対立し、7月25日付で辞職。出直し選挙で再選を目指します。

対話を重視した市政の実現を目指したい。新人 迫俊哉氏

迫氏は小樽市出身、高崎経済大学卒業。小樽市役所に入庁し、総務部長や教育部長などを歴任しました。2017年に退職し、小樽みらい会議を設立しています。

迫氏は「対話の重視・経済と生活の好循環・未来への3つの備え」をキーワードに掲げています。

小樽市の様々な問題を解決する「9策」を進めたい。鳴海一芳氏

鳴海氏は足寄郡足寄町出身、日本大学法学部第二部卒業。横浜地方裁判所に就職し、甲府地方裁判所、最高裁判所に事務官として勤務。2013年に退職しました。

鳴海氏は「小樽市政9策=救策」をスローガンに掲げています。

市民による自治や、観光・医療面などで小樽らしいまちづくりを。秋野恵美子氏

秋野氏は札幌市出身、北海道大学医学部卒業。民間病院に勤務医として勤めました。1995年に小樽保健所に入所し、2009年から2016年に保険所長を務めた後に退職。現在は自ら発足した「小樽の子ども達と障がい者と高齢者のために働く会ポッケ」の代表を務めています。
秋野氏は、現在の小樽市の最大の課題を「人口減少に対してどのようにしていくか」としています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【小樽市長選】出直し選挙の行方はいかに?現職 森井秀明氏 VS 新人 迫俊哉氏 VS 新人鳴海一芳氏 VS 新人 秋野恵美子氏

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube