選挙ドットコム

【今日は山の日】どうすれば「祝日」を作れるの?

2018/8/11

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

今日8月11日は山の日で祝日です。この山の日は、2年前の2016年から追加された祝日です。この前の祝日は7月16日の海の日で、約1か月振りの祝日ですが、今年は土曜日と重なっているため喜び半減と…という人もいるかもしれません。では祝日はどうすれば新しく作れるのでしょうか? 小学生の時に夢見たであろう(!?)「365日、毎日祝日」も可能なのでしょうか?

山の日の制定過程を振り返ってみましょう。

制定まで8年。国会の半数以上の賛成が必要

山の日は、作曲家で日本山岳会々員の船村徹さんが2008年に提案したのが始まりとされています。下野新聞のオピニオン欄に掲載され、それから2年後の2010年には山岳5団体と呼ばれる団体により、祝日制定に向けた活動が活発化していきました。2013年4月、超党派の議員連盟「山の日制定議員連盟」が設立。6月上旬、海の日の翌日、お盆前、日曜日を祝日とする案の中から、盆休みと連続させやすい利点があるとしてお盆前の8月を祝日とする案が採用されました。

翌年2014年3月には、自民党・民主党、日本維新の会・公明党・みんなの党・結いの党・共産党・生活の党・社民党の9党は共同で国会に提案・可決され、制定されました。
提案されたのが2008年ですから、8年もの歳月がかかっています。

祝日が増えるのは嬉しいことですが、では、どうすれば祝日は増やせるのでしょうか?
祝日に関わらず、国会議員が法律を変更するためには、2つの条件が必要です。

(1)20人以上の賛成で法律を提案 

(2)会議に出席している議員の半数以上が賛成

この条件を見ると、まず賛同してくれる国会議員が20名いないと、法律を提案することすらできないことが分かります。さらには、国会議員の半数以上の賛成が必要、つまり衆議院では238人以上の賛成が必要となります。

今回の山の日は、長年に渡る全国の山岳団体の熱心な活動の結果、制定されるに至っています。子どもの頃夢見た「毎日が祝日」みたいな状態は、そうは簡単には作れなさそうですね。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【今日は山の日】どうすれば「祝日」を作れるの?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube