選挙ドットコム

多賀城市長選候補者、石塚昌志(いしづか まさし)氏の経歴・政策は?

2018/8/4

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

任期満了にともなう多賀城市長選(7月29日告示、8月5日投開票)に、無所属で新人の石塚昌志(いしづか まさし)氏(64)が立候補しました。

なお多賀城市長選には石塚氏のほか、自民・公明2党の推薦を受ける現職の菊池健次郎氏(71)と新人の伊沢貞夫氏(72)が立候補しています。

東北大学大学院土木工学部専攻修了。建設省に入省

石塚氏は1954年生まれ、東北大学工学部卒業、同大学院土木工学部専攻修了。1980年に建設省(現 国土交通省)に入省し、国交省近畿地方整備局建政部長、復興庁宮城復興局復興推進官などを歴任し、2014年に名取市副市長就任。今年3月に任期満了で退任しました。

石塚氏が掲げる政策とは

石塚氏は今回の選挙において「刷新します 実行ある、決断の市政へ」をスローガンに以下の政策を掲げています。

(1)新しい歴史をつくる活力のまち
・国・県との密接な連携により、政庁跡とその周辺の総合整備と南門を復元します。
・東北学院大工学部跡地の総合的活用をはかります。
・道の駅構想を実現し、七ヶ浜の海の魅力と密接に連携した観光、まちおこしに力をそそぎます。 他

(2)命を守る幸せなまち
・人々の命を最優先にする災害対策を的確な情報収集に基づき実施します。
・小中学校の連携強化による不登校の解消と安心して学べるいじめのない学校をつくります。
・待機児童ゼロなど子育て環境の整備を進めます。 他

(3)財政基盤がしっかりとしたまち
・産業エリアの新たな再生など、復興後の健全なまちづくりを支える強固な財政を確立します。
・若い世代の職住近接のまちづくりをめざして、東西の拠点づくりのための東は下馬駅、西は山王駅周辺の整備を行い人口の定着を図ります。

○切実な声に応えます
・災害公営住宅の家賃減免を延長
・市内バス料金の軽減措置(まず西部線料金は100円に)
・こども医療費助成の所得制限の緩和

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム多賀城市長選候補者、石塚昌志(いしづか まさし)氏の経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube