選挙ドットコム

多賀城市長選候補者、伊沢貞夫(いさわ さだお)氏の経歴・政策は?

2018/8/4

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

任期満了にともなう多賀城市長選(7月29日告示、8月5日投開票)に、無所属で新人の伊沢貞夫(いさわ さだお)氏(72)が立候補しました。

なお多賀城市長選には石塚氏のほか、自民・公明2党の推薦を受ける現職の菊池健次郎氏(71)と新人の石塚昌志氏(64)が立候補しています。

多賀城村生まれ。国鉄を経て不動産会社代表取締役に

伊沢氏は1946年多賀城村生まれ、県立塩釜高等学校卒業。1964年に日本国有鉄道に入社し、その後1975年に伊沢建設を開業しました。1986年に有限会社丸輝不動産建設代表取締役に就任。2006年の多賀城市議選に立候補し、初当選しました。2008年から株式会社ハッピー不動産建設の代表取締役を務めています。

伊沢氏が掲げる政策とは

伊沢氏は今回の選挙において「新時代の多賀城へ」をスローガンに以下の政策を掲げています。

1.震災復興の勘地区に向け、温かな支援を継続します。
2.女性と高齢者の力を生かした魅力のある街づくりを実現します。
3.多賀城南門の復元、多賀城創建1300年の完成に向かい、観光、文化を推進します。
4.多賀城IC周辺に、道の駅等集約施設を作り、多種多様な雇用を生み出し、市の財政を再生します。
5.若者が集まる魅力的な街づくり、地場産業を育成し、企業誘致を積極的に行い10万都市を目指します。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム多賀城市長選候補者、伊沢貞夫(いさわ さだお)氏の経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube