選挙ドットコム

あす投開票。狛江市長選候補者、松原俊雄氏の学歴・経歴・政策は?

2018/7/21

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

前市長のセクハラ問題による辞職にともなう狛江市長選(7月15日告示、22日投開票)に、元副市長の松原俊雄氏(66)が立候補しました。松原氏は自民・公明の2党からの推薦を受けています。

なお狛江市長選には松原氏のほか、元市議で田中智子氏(60)が共産、社民、自由、狛江生活者ネットワークの推薦を受け立候補しています。
【関連】田中氏の経歴・政策はこちら  >>

駒澤大学卒業。狛江市役所に入庁し、2008年から2012年には副市長を務める

田中氏は年駒澤大学経済学部卒業。1974年に狛江市に入庁し、市民協働課長や企画財政部理事、企画財政部長を歴任しました。2008年から2012年に副市長を務めています。現在は結婚相談会社を経営しています。

松原氏が掲げる政策「日本一やさしいまち、狛江。」とは

松原氏は、今回の市長選において「日本一やさしいまち、狛江。」をスローガンに以下の政策を掲げています。

 

○市民参加・協働・人権
・市民に信頼される情報公開、市民参加と協働
・ハラスメントに関する意識教育、信頼して相談できる窓口の設置、再発防止策の策定
・ラグビーワールドカップ、オリンピック・パラリンピックに参画

○環境・文化・経済
・狛江ブランド農作物の普及支援
・「音楽の街」推進事業の展開
・元気に頑張るお店や特色ある事業者を支援

○財政再建・市役所
・図書館、市民活動支援センターを含めた生涯学習と市民協働の観点からの市民センターのあり方の検討

○防災・安全安心
・災害時の危機管理体制の充実
・公共交通ネットワークの充実

○医療福祉・子育て・介護
・狛江らしい地域包括ケアの推進
・子どもの貧困対策の充実
・女性が働きやすい環境の整備
・障害者のための地域生活支援拠点の整備促進

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラムあす投開票。狛江市長選候補者、松原俊雄氏の学歴・経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube