選挙ドットコム

【調布市長選】5期目を目指す現職と新人2名の争いに。現職 長友貴樹氏 VS 新人 鮎川有祐氏 VS 新人 新井匠氏

2018/7/7

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

7月1日に告示された調布市長選には、現職の長友貴樹(ながとも よしき)氏(65)、新人の鮎川有祐(あゆかわ ゆうすけ)氏(45)、新人の新井匠(あらい たくみ)氏(49)の無所属3名が立候補しました。投開票は7月8日に行われます。

今回はまちづくり政策が主な争点と考えられています。

安全・安心で暮らしやすく、活気あるまちを目指したい。現職 長友貴樹氏

長友氏は慶應義塾大学法学部政治学科卒業。日本貿易振興会(JETRO)に就職、フランスやベルギーに留学、勤務しました。1991年から1994年には中央大学の非常勤講師を務めています。2002年に同協会を退職し、同年の調布市長選に初当選。以降、4期連続で当選を果たしています。今回は5期目への挑戦となりました。

長友氏は、「次期ステージの主要目標」として以下の政策を掲げています。

防災・防犯の面で安全・安心に暮らせるまち
・地域の自主防災体制づくりへの支援
・避難所の防災機能強化・防災備蓄品の充実
・医療関係機関等と連携した緊急医療救護体制の充実
・地域との協働による防犯活動の推進・通学路の安全対策 など

子ども・若者を応援し子育てしやすいまち
・多様な保育ニーズへの対応強化(待機児童対策の推進・障害児学童クラブの新設、幼稚園保護者負担軽減など)
・子どもの貧困連鎖の防止と若者の自立支援の充実
・小・中学校の適切な維持保全・学習環境の向上と将来的な更新計画の策定
・特別支援教育の推進と不登校対策の充実 など

高齢者・障害者にやさしい誰もが安心して住み続けられるまち
・福祉圏域ごとの地域福祉コーディネーターの配置と地域の支え合い推進
・認知症高齢者等への支援と介護予防・健康長寿の取組の充実
・障害者の自立と社会参加の推進、家族への支援の充実
・市民の健康を守る「調布市受動喫煙防止条例(仮称)」の制定 など

にぎわいと交流のある活気に満ちたまち
・利便性・賑わい・うるおいを兼ね備えた駅前広場と鉄道敷地の整備
・道路網計画に基づく安全で快適なみちづくりの推進
・市内事業者と連携した商店街の活性化
・ラグビーワールドカップ・東京2020大会と連動した各種取組の推進(スポーツ・文化、産業・観光振興、平和・国際交流、福祉のまちづくり、児童健全育成・教育) など

人と自然が共生するうるおいのあるまち
・崖線樹林地等の緑の保全
・深大寺・佐須地域の里山、水辺環境の保全・活用
・都市農地の保全と都市農業育成対策事業による農業経営者支援
・ごみの減量と資源化の推進 など

わくわくするまちを作りたい。新人 鮎川有祐氏

鮎川氏は山梨県甲府市生まれ、学習院大学経済学部経営学科卒業。衆議院議員の伊藤達也氏政務担当秘書を経て2003年の調布市議選から4期連続当選。2015年から2017年に議長を務めました。今回の立候補により4期目の途中で市議を辞職しました。

鮎川氏は「まちづくりは、わくわくしなくちゃ!」をスローガンに以下の政策を公表しています。

輝け! こどもたち
・在宅子育て支援!→2歳まで子育て支援金の給付。
・中学3年生まで医療費無料化!→成長期をサポート。
・わくわく広場!→全力で遊べる公園をつくります。
・危険から守る!→通学路の総点検と防犯カメラの設置。

目で味わう調布!
・花と緑でまちを彩る。
・2020オリパラ競技開催地。
舌で味わう調布!
・都市農業を支援。
・地場の安全な食を提供。

輝け!おとなたち
シニア世代をサポート!→健康増進プロジェクト。
まちのバリアフリー化!→バリア確認と整備。
商店街や中小企業の活性化!→まちおこしプロジェクト。

市役所改革の実施
・女性躍進!→女性副市長の登用、女性視点のまちづくり。
・市長の退職金減額!→現状なら5期20年で8,000万円。
・事業の見直し!→事業仕分けの徹底、歳出改善。
・企業誘致!→人口増加と雇用の創出で地域再生、税収アップ。

宝さがしのまち調布
・日本一の駅前広場 取り戻せ!豊かな緑と子どもが全力で遊べるわくわく広場
・東部地域 芸術文化の拠点に!若者チャレンジ応援宣言のまち
・南部地域 多摩川と映画産業の融合!やすらぎとロケのまち
・西部地域 スポーツの聖地に!心技体のまち
・北部地域 深大寺を世界に発信!都有地活用、一大観光名所のまち

暮らし・意識・市政に改革を起こしたい。新人 新井匠氏

新井氏は府中市出身、早稲田大学教育学部卒業。フリーの出版プロデューサーなどを経て、現在は株式会社sakuramomoの社長を務めています。2016年には日本政策学校10期生として政治を学びました。

新井氏は自らのホームページにおいて政策を発表しています。

暮らし改革 居る人も来る人もが憧れる“みんなの声 ”が創る美しい街並み
・緑豊かにデザインされた駅前広場と市内全域の街作りに拘ります。
・深大寺や野川、多摩川といった観光名所への歩道整備を進めます。
・市長と語る会や個別面談の機会を最優先にすることを約束します。
・開発優先ではなく建物の老朽化や耐震対策を後回しにはしません。

意識改革 シニア・現役・子供の三世代が連鎖的に幸せになる穏やか政策
・待機児童の解消と地域が育てるコミュニティプラザを設置します。
・働き世代に手厚い施策を実行することで、全世代を豊かにします。
・高等教育費の公費負担・無利子貸与の実施で働き世代をサポート。
・あなたを独りにはしない 。在宅医療やエンディングプランの充実 。

市政改革 新井たくみが目指す市政改革。見せましょう!「民間のチカラ」
・市長任期を2期8年と条例で定め、癒着やシガラミを排除します。
・リスクマネジメントを強化し、市役所内の隠蔽基質を改善します。
・企業と連携し、経験豊富な民間人の議員参加を積極的に促します。
・日本一のスポーツ都市としての環境整備と国際大会を誘致します。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【調布市長選】5期目を目指す現職と新人2名の争いに。現職 長友貴樹氏 VS 新人 鮎川有祐氏 VS 新人 新井匠氏

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube