選挙ドットコム

【加古川市長選】あす投開票。現職と新人の一騎打ち。現職 岡田康裕氏 VS 新人 岸本勝氏

2018/6/23

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

6月17日に告示された加古川市長選には、現職の岡田康裕氏(42)、新人の岸本勝氏(71)の無所属2名が立候補しました。投開票はあす6月24日に行われます。

岡田氏、岸本氏はともに前回(2014年)の同市長選にも立候補、5名の選挙戦を岡田氏が制しました。今回は人口減少対策、公共交通機関の充実、教育環境整備などが争点と考えられています。

市民が幸せを実感できるまちを目指したい。現職 岡田康裕氏

岡田氏は神戸市出身、東京大学工学部卒業、ハーバード大学院修士課程修了。2009年の衆院選には、民主党公認候補として立候補し初当選しましたが、2012年の同選挙では落選。

2014年の加古川市長選に無所属で立候補し、初当選を果たしました。今回は再選への挑戦となります。また、これまでに経営コンサルティング会社員、人材派遣会社顧問などを歴任しました。

岡田氏は「市民が幸せを実感できることを目指し、満足度の向上にこだわりたい。税や保険料の収入が減少する中、いかに公共サービスの質を高めるかが課題だ」と述べ、最重要課題として市域の移動手段、特に北部のバス整備を挙げています。

市民が求めていることを実現できる市政を。新人 岸本勝氏

岸本氏は加古川市出身、福岡工業大学卒業。高砂市内の金属加工会社で40年間働き、労働組合の書記長も務めました。現在は政治団体「明るい加古川市をつくる市民の会」の顧問としても活動しています。2014年の市長選では共産党の推薦を得て立候補するも落選しています。今回は政党の支援は受けず、無所属での立候補となりました。告示日2日前に立候補を表明し「無投票を阻止して市民に選択権を与えたい」と語っています。

岸本氏は現市政について「市民の声を聞かず、停滞している」と批判し、「大型ハコものの優先を改め、市民が求めていることを実現でき、さらに高齢者にも優しい市政を目指したい」と意気込みを見せています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【加古川市長選】あす投開票。現職と新人の一騎打ち。現職 岡田康裕氏 VS 新人 岸本勝氏

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube