選挙ドットコム

女性装で注目の東大教授が立候補。安冨歩(やすとみ あゆみ)氏の学歴・経歴・政策は?

2018/6/12

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

任期満了にともなう埼玉県東松山市長選(7月1日告示、8日投開票)に、東京大学教授の安冨歩(やすとみ あゆみ)氏が立候補の意向を表明しました。安冨氏は虐待防止や市役所改革などを訴える考えを示しています。

なお東松山市長選には安冨氏のほか、現職の森田光一氏が自民・公明の推薦を受け、3選を目指して立候補する意向を表明しています。

大阪府出身。住友銀行勤務を経て、東大東洋文化研究所教授に

安冨歩氏は1963年、大阪府生まれで現在55歳です。京都大学経済学部を卒業後、1986年に住友銀行に入行しました。1988年に同行を退職し、1991年には京都大学人文科学研究所の助手となります。ロンドン大学を経て、京都大学大学院経済学研究科で博士号を取得。1997年には名古屋大学情報文化学部助教授、2000年には東京大学大学院総合文化研究科助教授、2003年には東京大学大学院情報学環助教授に就任します。2007年には東京大学東洋文化研究所准教授、2009年に東京大学東洋文化研究所教授に就任しました。

1997年には、『「満洲国」の金融』で第40回日経・経済図書文化賞を受賞しています。

なお安冨氏は、2013年頃から「自分の中の性になじむ」として、女装をして人前に出るようになりました。自身の服装に関しては、母親の期待に応えエリートとしての実績を重ねたものの、幸福感を得られなかったと感じていた中、50歳頃から「女性装」を始めたことで不安感が拭えたと述べています。また、これまでもメディアを通して男女差別の解消を訴えています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム女性装で注目の東大教授が立候補。安冨歩(やすとみ あゆみ)氏の学歴・経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube