選挙ドットコム

中野区長選挙立候補予定。吉田康一郎(よしだ こういちろう)氏の学歴・経歴・政策は?

2018/6/1

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

任期満了にともなう中野区長選(6月3日告示、10日投票、11日開票)に元都議の吉田康一郎氏(51)が立候補を表明しました。

なお、吉田氏のほかに現段階で中野区長選に立候補の意向を表明しているのは現職の田中大輔氏(66)、同区議の市川稔氏(63)、元同区職員の酒井直人氏(46)の3人です。

中野区出身、慶応大学卒業。都議を2期務める

吉田氏は1967年生まれ、東京都中野区出身で現在51歳です。慶應義塾高等学校、慶応大学経済学部を卒業しました。1990年4月に経団連事務局(現日本経団連)に入局し、地球環境問題、廃棄物問題、科学技術振興策、中小企業振興策、海外との経済協力等を担当しました。

2001年に自由党公認候補として都議選に世田谷区より出馬しましたが落選。その後は民主党に入党し、2005年の都議選に中野選挙区から立候補し、初当選しました。続く2009年の都議選でも再選を果たしています。

2012年7月には民主党を離党し、同年11月に日本維新の会衆議院東京都第七支部長に就任。同年12月の衆院選に立候補しましたが落選となりました。また2013年の都議選へも立候補しましたが落選となっています。

2014年には次世代の党2017に「日本のこころ」に名称変更)の結党に参加し、現在は日本のこころの衆議院東京都第七支部代表を務めています。なお、今回の選挙では政党に推薦を依頼せず、無所属での立候補する意向を表明しています。

吉田氏が掲げる政策とは

吉田氏は自身のブログにて以下の政策を掲げています。

1.もっと産みやすく!育てやすく!
中野区独自の子供手当
欧州並みの育児支援の実現に向け、育児手当を子供一人につき1万円から支給し、拡充する。

2.地震・火災・水害から命を守る緑を!
中野の川沿いを全て公園に
「都立妙正寺川・神田川防災公園(仮)」の設置を進め、都の財政による用地取得、公園設置の整備を進める。

3.中野区じゅう!道と心のバリアフリー!
区内の前歩道をバリアフリーに・幼老共生の中野を創る
中野区じゅうの歩道を平らで歩きやすい歩道に変える。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム中野区長選挙立候補予定。吉田康一郎(よしだ こういちろう)氏の学歴・経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube