選挙ドットコム

セクハラ疑惑で臨時記者会見。東京都狛江市長・高橋都彦(たかはし くにひこ)氏の経歴は?

2018/5/21

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

東京都狛江市の高橋都彦市長は5月21日15時より記者会見を開き、職員の女性に対するセクハラ疑惑を改めて否定しました。市幹部らからの辞職要求について、自身の進退については「今のところ白紙状態」としています。

共産党の西村敦子市議が情報公開請求した市の内部資料によれば2014年4月1日の歓送迎会で、「口をつけたコップで何度も飲むことを強要された」との記載があり、市議会本会議において高橋市長は追及を受けていました。

資料では加害者らしき人物の役職が黒塗りされていましたが、「市長ではないか」と問われ、市長はこれに対し強く否定し身の潔白を主張しています。

大分県出身の高橋氏。東京都狛江市長として2期目を務める

高橋都彦氏は1952年2月5日、大分県別府市の生まれで現在66歳です。横浜国立大学経済学部を卒業後、1975年に東京都庁に入庁。東京都産業労働局観光部長、東京都交通局総務部長、東京都産業労働局理事、公益財団法人東京しごと財団理事長などを歴任し、2010年には公益財団法人東京都公園協会理事長に就任しています。

2012年の狛江市長選挙では、民主・自民・公明・生活者ネット4党の推薦を受け無所属で立候補し、16,377票を得て初当選します。2016年の同選挙では再選を果たしました。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

統一地方選挙
採用情報

記事ランキング

新着ブログ

ホーム記事・コラムセクハラ疑惑で臨時記者会見。東京都狛江市長・高橋都彦(たかはし くにひこ)氏の経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube