選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

15票差、108票差… 選挙ラッシュの4月、全国で僅差の勝敗が続出



選挙ドットコム編集部
選挙ドットコム編集部

今月4月は全国各地で市長選が行われていますが、15日に投開票を迎えた市長選挙では「僅差」で当落が決まった選挙が続出しました。その差はわずか「15票差」や「108票差」。何万人も人口がいることを考えると、紙一重で勝敗が決まったと言えるでしょう。「自分1人が投票に行っても結果は変わらない…」と思っている方もいるかもしれませんが、1票の重みを感じますね。
【関連】衆院選の裏で87の選挙。なんと、わずか「8票差」の選挙も  >>





栃木県・日光市長選、15票差で大嶋一生氏が初当選



4月15日に投開票を迎えた日光市長選では、投開票の結果15票差で大嶋一生氏の当選となりました。
大嶋 一生氏 12,946票
阿部 哲夫氏 12,931票
長谷川 敬氏 10,523票
斎藤 敏夫氏 5,647票

なお、得票率では、
大嶋 一生氏 30.79%
阿部 哲夫氏 30.75%
と、0.04ポイントの差という結果になりました。



継承と改革で強く優しい日光へ。大嶋一生氏



ohshima kazuo nikko

大嶋氏は「『継承』と『改革』で強く、優しい、人が輝く日光へ」をキャッチコピーとして掲げています。立候補に際しては、「日光を何とかしたいという、4年前と変わらない思いで出馬する。現在の市政の継続すべき点と見直すべき点から、強い日光を作るための政策を打ち出したい」と意欲を示しています。

大嶋氏は旧今市市出身、東北福祉大学卒業。1989年に葵建設株式会社に入社、社団法人今市青年会議所理事長、社団法人日本青年会議所栃木ブロック協議会会長を歴任しました。2003年に栃木県行政改革推進委員、2006年に葵建設株式会社代表取締役、2010年には同社相談役に就任しました。また2010年には日光市議選に当選しています。今回は前回の市長選に続いての立候補となります。





兵庫県・西宮市長選、108票差で石井登志郎氏が初当選



4月15日に投開票を迎えた西宮市長選では、投開票の結果108票差で石井登志郎氏の当選となりました。
石井登志郎氏 37,831票
吉岡 政和氏 37,723票
本井 敏雄氏 27,589票
上田 幸子氏 19,692票
村上  博氏 14,286票
中川 暢三氏 5,705票

なお、得票率では、
石井登志郎氏 26.49%
吉岡 政和氏 26.41%
と、0.08ポイントの差という結果になりました。



市民の課題を市長がじかに聞く仕組みが必要。石井登志郎氏



ishii

石井登志郎氏は兵庫県芦屋市の生まれで現在46歳です。慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、神戸製鋼所勤務を経て、ペンシルベニア大学大学院で公共政策学修士課程を修了。日本総研創発戦略センター副主任研究員を経て、参議院議員・鈴木寛氏の政策担当秘書になりました。

国政への初挑戦となった2005年の第44回衆院選では、96,003票を得るも落選。2009年の第45回衆院選では、176,017票を得て初当選します。その後は2012年の第46回衆院選、2014年の第47回衆院選で続けて落選となりました。

石井氏は「子どもが生まれて地域活動をする中で、市民と市政の遠さに問題意識を持った」と、立候補の理由を説明。就学前や生涯学習の充実に力を入れ、市長給与の削減で範を示し、財源確保をすると述べました。





愛知県・北名古屋市長選、423票差で長瀬保氏が4選



4月15日に投開票を迎えた北名古屋市長選では、投開票の結果423票差で長瀬保氏の当選となりました。
長瀬  保氏 15,637票
太田 考則氏 15,214票

なお、得票率では、
長瀬 保氏 50.69%
太田 考則氏 49.31%
と、1.38ポイントの差という結果になりました。



女性が働きやすい環境整備を。長瀬 保氏



nagase tamotsu kitanagoya

長瀬保氏は1940年11月29日の生まれで現在77歳です。日本福祉大学社会福祉学部を卒業後、1960年に師勝町役場に就職します。1991年に同役場を退職。助役に就任しました。1995年には助役を辞任し、師勝町長に就任します。1999年の師勝町長選挙で再選。2003年には3選を果たしました。 2006年には師勝町と西春町が合併し北名古屋市が誕生。同年の北名古屋市長選挙では、無所属・民主党の推薦を得て立候補し初当選します。2010年の同選挙では、得票数18,984票を得て再選。2014年には、得票数24,326票を得て3選を果たしました。

「市の未来を考える会」からの要請を受け立候補を決意した長瀬氏は、「未来の市の基盤づくりに尽くしたい」と語っています。





佐賀県・神埼市長選、977票差で松本茂幸氏が4選



4月15日に投開票を迎えた神埼市長選では、投開票の結果977票差で松本茂幸氏の当選となりました。
松本 茂幸氏 9,002票
大仁田 厚氏 8,025票

なお、得票率では、
松本 茂幸氏 52.87%
大仁田 厚氏 47.13%
と、5.74ポイントの差という結果になりました。



「まちづくりにまじめに、市民の思いを真摯に受けてしっかり臨みたい」松本茂幸氏



shigeyuki matsumoto kanzaki

松本茂幸氏は1950年8月2日、佐賀県神埼町本堀の生まれで現在67歳です。佐賀県立神埼高等学校を卒業後、1969年に神埼町役場に就職。環境課長・教育課長・福祉課長などを歴任します。1976年には東洋大学法学部を卒業。2004年に同役場を退職しました。2005年の神埼町長選挙に無所属で立候補し、初当選。2006年には神埼町・千代田町・脊振村の2町1村が合併して神埼市が生まれ、合併後の神埼市長選挙に立候補し、10,675票を得て旧千代田町長の内川修治氏を僅差で破り、初当選します。2010年の同選挙では、10,280票を得て再選。2014年には無投票で3選を果たしました。

松本氏は自身のブログによれば、最優先の政策テーマとして「さらなる子育て支援・子どもたちの安全確保に向けてのとりくみ」を掲げています。具体的には、

1.小学生・中学生の給食費の助成
2.小学生・中学生・高校生の医療費の助成
3.保育費の助成
4.父兄への携帯電話メールによる緊急時連絡体制の整備
5.スポーツ施設の整備で健康な子ども達の育成

をあげています。




このほか、今週末(22日)にも、全国各地で多数の選挙が予定されています。
わずかな票差で当落結果が変わることも。ぜひ選挙ドットコムを見て、投票に行ってくださいね!
選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

Twitter : https://twitter.com/go2senkyo

Webサイト : http://go2senkyo.com/

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2018 選挙ドットコム All Rights Reserved.