選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

【栃木市長選】合併から8年を経て行財政改革はどうなる?現職 鈴木俊美氏VS新人 大川秀子氏



選挙ドットコム編集部
選挙ドットコム編集部

tochigi

4月15日に告示された栃木市長選は、無所属で現職の鈴木俊美氏(67)無所属で新人の大川秀子氏(70)の2名が立候補しました。投開票は4月22日に行われます。

今回は栃木市の行財政改革や、空き家対策と中心街の活性化などが争点と考えられています。





子どもたちにつなぐまちづくりをしたい。現職 鈴木俊美氏



tochigi suzuki

鈴木俊美氏は1950年7月10日生まれで現在67歳です。栃木県立栃木高等学校を卒業後、中央大学法学部に進学。同大学を卒業後、1980年に弁護士登録します。1984年には四谷中央法律事務所を創設しました。
1999年の栃木県議会議員選挙では下都賀郡南部選挙区から立候補し、14,148票を得て初当選します。その後は、2000年の大平町長選挙で初当選。2004年に再選、2008年には3選を果たしました。 2010年の栃木市長選挙では、47,212票を得て初当選。2014年の同選挙では、46,639票を得て再選を果たしています。

鈴木氏は後援会のWebサイトによれば、政策のキャッチコピーとして「活気と優しさにあふれる日本一住みよい都市”とちぎ”」を掲げ、具体的には8つの創造プランをあげています。
市長2期目の実績としては、市内3病院の統合再編で「とちぎメディカルセンター」の本格稼働に着手し、定住促進策の成果として「住みたい田舎ベストランキング」では2部門全国1位に輝いたことなどをあげました。





健全な市政運営が必要。新人 大川秀子氏



tochigi ookawa

大川秀子氏は1947年、栃木市細堀町の生まれで現在70歳です。栃木県立栃木女子高等学校を卒業し、1993年には栃木市女性プラン策定委員に就任します。1999年の栃木市議会議員選挙では、1,623票を得て初当選。2003年の同選挙では再選。2007年の同選挙では2,844票を得て3選。 2010年には合併後の新・栃木市議会議員選挙で3,137票を得て当選、2014年には3,226票を得て再選を果たしました。栃木市監査委員、栃木市議会議長などを歴任しています。

大川氏は自身のホームページによれば、政策理念のキャッチコピーとして「大川秀子 3つの柱」を掲げ、具体的には、 1.地域間の融和と発展 2.財政の健全化 3.100年人生の都市づくりをあげています。
また、「積極的に住民の中に入っていき、地域間の融和を目指す」とし、「10の約束」として、安心して子どもを産み育てられる社会、子供たちの健全育成、若者が活躍できる環境づくり、地域産業の活性化などを政策としています。
選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

Twitter : https://twitter.com/go2senkyo

Webサイト : http://go2senkyo.com/

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2018 選挙ドットコム All Rights Reserved.