選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

【日光市長選】あす投開票。大嶋一生氏 VS 長谷川敬氏 VS 斎藤敏夫氏 VS 阿部哲夫氏



選挙ドットコム編集部
選挙ドットコム編集部


    nikkou

    4月8日に告示された日光市長選では、大嶋一生(おおしま かずお)氏(53)長谷川敬(はせがわ ひろし)氏(49)斎藤敏夫氏(67)自民党が推薦する阿部哲夫氏(68)の無所属の新人4名が立候補しました。投開票日はあす4月15日です。

    現職市長が引退を表明し、新人4名による選挙戦となりました。今回は現市政の継承の有無、人口減少問題、まちづくり政策、経済振興政策などが争点と考えられます。





    継承と改革で強く優しい日光へ。大嶋一生氏



    ohshima kazuo nikko

    大嶋氏は「『継承』と『改革』で強く、優しい、人が輝く日光へ」をキャッチコピーとして掲げています。立候補に際しては、「日光を何とかしたいという、4年前と変わらない思いで出馬する。現在の市政の継続すべき点と見直すべき点から、強い日光を作るための政策を打ち出したい」と意欲を示しています。

    大嶋氏は旧今市市出身、東北福祉大学卒業。1989年に葵建設株式会社に入社、社団法人今市青年会議所理事長、社団法人日本青年会議所栃木ブロック協議会会長を歴任しました。2003年に栃木県行政改革推進委員、2006年に葵建設株式会社代表取締役、2010年には同社相談役に就任しました。また2010年には日光市議選に当選しています。今回は前回の市長選に続いての立候補となります。





    市民参画に力を入れ、各分野を変えていきたい。長谷川敬氏



    hasegawa hiroshi nikko
    薬剤師の長谷川氏はこれまで行政・議員経験はありませんが、「市政運営については、市の委員会や市民運動を通じて、市職員や市議と会話を重ねてきた経験を役立てたい」と意欲を示しました。5市町村の合併を経た現在の日光市について「未来の見えにくいまちになっている。会社でいえば設備投資をしてきたが、大転換を行う時期に来ている」とし、「特に市民参画に力を入れることで、教育やまちづくりなど各分野は変われると思う。輝くまち日光を作りたい」と抱負を語っています。

    長谷川氏は明治薬科大学卒業。現在は日光市内で薬局を経営しています。旧今市青年会議所理事長、日光商工会議所青年部長などを歴任しました。




    地域への思いやりを持って政策に取り組みたい。斎藤敏夫氏



    saitho toshio ikko

    元市議の斎藤氏は現在の日光市を「合併から12年となり、新たなステージを迎える段階に入った。高齢化や人口減少が進み、さらなる地域への思いやりが必要だ」と述べ、議員の経験を活かしたいと意欲を見せています。少子高齢化対策については「課題解決は全て行政で担う、というわけにはいかない。官民連携のソーシャルイノベーションの手法が必要だ」との考えを示しました。

    斎藤氏は芝浦工業大学卒業。今市青年会議所理事長などを歴任し、1999年から旧今市市議を1期務めました。2006年、2010年、2014年の日光市議選で3期連続当選を果たしました。現在は農林業を営んでいます。





    これまでの市政を解消しつつ、少子高齢化対策などに取り組みたい。阿部哲夫氏



    abe testuo nikko
    前副市長の阿部氏は旧日光市、合併後の現日光市で40年以上の行政経験を持ち、「これまでの経験を活かして恩返しをしたい」と抱負を述べ、基本的には斎藤市長の市政を継承したい考えを示しました。重点項目として少子高齢化対策や農商工業振興を挙げています。「人口減少などの課題はあるが、高齢者が楽しく暮らせ、若者が集まる日光市にしたい」と意欲を見せました。

    阿部氏は日本大学獣医学部卒業。旧日光市に入庁し、2市2町1村の合併後には市助役を、2007年から2012年には同市副市長を務めました。

     
    選挙ドットコム編集部

    選挙ドットコム編集部

    選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

    Twitter : https://twitter.com/go2senkyo

    Webサイト : http://go2senkyo.com/

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2018 選挙ドットコム All Rights Reserved.