選挙ドットコム

コップのフチ子が「京都フチジ選のフチ子」に。ゆる~いPRで投票率は上がるのか?

2018/4/5

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

4月8日に実施される京都府知事選挙および京都府議会議員(伏見区選挙区・福知山市選挙区)補欠選挙と「コップのフチ子」がコラボ!と話題となっています。

3月23日に公開された啓発動画「京都フチジ選のフチ子」では、投票箱のフチにOLフチ子や舞妓フチ子が腰かけ、

「皆さ~ん、府知事選挙に行きます?」
「その日は約半年前から合コンの予定があります(キリッ」
「そうどしたら期日前投票をおたのもうしますぅ~」

などと会話をしています。投票を呼びかけている舞妓フチ子さんがはんなりしてて可愛い!

「コップのフチ子」の効果はあったのか?選挙管理委員会に聞いてみよう!

それはさておき、実際に「コップのフチ子」に投票率アップの効果はあったのでしょうか? 京都府選挙管理委員会に取材しました。

==

-選挙ドットコム編集部
PR動画を拝見しました。京都弁のアクセントとは少し違いますが、親しみやすく、また可愛らしい仕上がりですね。

-京都府選挙管理委員会事務局 ご担当者様
ありがとうございます。東京で作成されたので完璧な京都弁ではありませんが(笑)、若い方だけではなく、全ての世代の方に見ていただくことを考えて作られています。

-選挙ドットコム編集部
今回のコラボ企画が採用された理由と狙いを教えてください。

-京都府選挙管理委員会事務局 ご担当者様
全国的に若い方の投票率が低いため企画しました。「コップのフチ子」は若い方に人気があることで採用しました。

-選挙ドットコム編集部
前回の投票率は34.45%と過去最低でしたが、今回の目標は何%ぐらいでしょうか。

-京都府選挙管理委員会事務局 ご担当者様
もちろん100%が目標です(笑)。どうなるかは分かりませんが、少しでもたくさんの方に投票に来ていただければ、と思います。

-選挙ドットコム編集部
キャンペーンによるここまでの手ごたえや反応はいかがですか。

-京都府選挙管理委員会事務局 ご担当者様
現時点(※期日前投票期間にインタビュー)では前回よりも投票率が良いですが、これがキャンペーンによる効果かどうかは分かりません。個別に感想を聞くこともありませんので…。
ただ、ネットニュースでも取り上げていただき、他にも取材していただいているので、話題になっているのかなと思います。

==

「東京で作成された」という驚きの情報も得ることができました。このほか、「実際に投票率が向上したかどうかの効果検証はするのか?」と質問しましたが、「キャンペーンの影響かどうかは検証が難しい」とのことでした。

他にもあった!「ユルい啓発運動」

この数年間でキャラクターとのコラボがいくつも登場しました。特にネットで話題となったものを振り返ってみましょう。

 

ファンには豪華な企画!『俺妹』ד18歳選挙”キャンペーンコラボ

『俺妹』ד18歳選挙”キャンペーンコラボ

2016年に実施された企画です。総務省が行う「18歳選挙」キャンペーンが電撃文庫の人気作品『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』とタッグを組み、特製小冊子『俺の妹が18歳選挙キャンペーンモデルになるわけがない ~高坂桐乃と学ぶ18歳選挙~』を作成、無料配布しました。作者の伏見つかささんが小説を、イラストのかんざきひろさんが表紙を書下ろし。ファンには超豪華な一冊でした。
関連:総務省主導の日本の選挙キャンペーンがこんなに盛り上がるわけがない!  >>

インパクトはすごいけど伝わっているのか?!東京都選挙管理委員会『TOHYO都』

2016年5月、東京都選挙管理委員会事務局が『TOHYO都プロモーション動画』を公表して話題となりました。こちらは選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げとなり、若年層に選挙を身近に感じてもらうために企画されたものです。

東京都選挙管理委員会『TOHYO都』

制作はヤバさがクセになる!と人気のデザイングループ・AC部。架空都市にぺこさんとりゅうちぇるさんが登場し、あまりのぶっ飛びに、「これって本当に東京都の公式?」「プロポーションになっているのか正直わからん」といった声もありましたが、伝えるべきことは説明されていることが冷静になって見ると分かります。
関連:【これが18歳に刺さる動画だ】選挙管理委員会が作った動画がカオス過ぎる!  >>

対象年齢が分からない?!うるまでるびのGO!GO!選挙

『明るい選挙推進協会』が選挙啓発を目的として企画されました。「おしりかじり虫」の企画・アニメーション映像・作詞作曲を手掛けたアーティストユニット「うるまでるび」が製作。2009年5月にYou Tubeにて公開、2010年の成人式で選挙啓発DVDが配布され、話題となりました。

動物キャラが歌って解説するアニメ動画に、「これはひどいwww」「新成人向けとは……」「この国は大丈夫か?」といった不安の声が上がる一方で、テーマソングがクセになって何度もリピしちゃう!というユーザーもいました。

フィンランド大統領選挙に使われたのはなぜか日本のアニメ!

フィンランドの公共放送YLEが大統領選挙のPRのために作成した動画です。2018年1月27日に駐日フィンランド大使館公式ツイッターが投稿し、現在も閲覧が可能です。

こちらのストーリーは、選挙への無関心を引き起こす悪者を選挙の候補者と民主主義が倒す、というもの。フィンランドの大統領選のための動画なのに、なぜかフィンランド人が日本語でしゃべっています。始めは日本語とは分からない発音のクオリティです。

フィンランド語の字幕が入っているので、フィンランド人には十分伝わるでしょう。そして日本人にお馴染みのシーンも満載。『ドラゴンボール』の「かめはめ波」、『鷹の爪』の「デラックスボンバー」、『北斗の拳』の「お前はもう死んでいる」など、フィンランドの皆さんはご存じなのでしょうか。演者の皆さんも日本語に悪戦苦闘しながらも熱演しています。

手ごたえを感じにくいために難しい取り組み

新たに投票権を得た18歳・19歳ですが、あまり投票に関心を持っていないのが現状です。低い投票率を改善しようと選挙管理委員会の皆さんも工夫を凝らし、ユル~い啓発運動にも取り組んでいらっしゃいました。ただし有権者がコラボキャンペーンに影響を受けたのかが見えにくいため、効果の測定方法や改善策などを検討するのはかなり難しいかもしれません。まずは京都府知事選の投票率を楽しみに待ちましょう!

 

 

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラムコップのフチ子が「京都フチジ選のフチ子」に。ゆる~いPRで投票率は上がるのか?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube