選挙ドットコム

超リベラル家庭で育った19歳が、自民党マンガ「大宰相」を読んでみた【第3巻】

2018/3/28

寒川倫

寒川倫

ドキッ!おじさんだらけの自民党漫画「大宰相」レビュー連載も第3回である。保守合同の末の自民党の誕生、対ソ連交渉、安保闘争など、今回もてんこ盛りの内容で、どこから言及するべきか悩ましいほどであるが、ここはあえて重光葵から行こう。

ムーミンでいうとスニフ

81TND+js17L._SL1500_

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

今すぐ登録

会員の方はこちら

ログイン

この記事をシェアする

寒川倫

寒川倫

1995年生まれの大学3年生。イラク戦争の頃にデモに初参加し、現在も一人でデモに出ている。「正しい倫理子」名義でねとらぼなどで執筆中。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム超リベラル家庭で育った19歳が、自民党マンガ「大宰相」を読んでみた【第3巻】

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube