選挙ドットコム

【京都府知事選】16年ぶりの新人対決。非共産相乗りは継続?刷新?西脇隆俊氏 VS 福山和人氏

2018/3/23

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

京都府知事選

3月22日に告示された京都府知事選では、自民、立憲、希望、公明、民進の5党が推薦する西脇隆俊氏(62)共産党が推薦する福山和人氏(57)の無所属新人2名が立候補しました。投開票日は4月8日です。今回は4期務めた山田啓二知事が引退を表明し、16年ぶりの新人対決となりました。

ふるさと京都を活気あるまちに。西脇隆俊氏

西脇隆俊

前復興事務次官の西脇氏は、「ふるさと京都のために・にしわき隆俊の『活気ある京都づくり基本政策』」をキャッチフレーズに以下の政策を掲げました。

・経済成長と雇用の安定
・自立した未来の京都づくり
・防災・減災対策の強化
・社会保障と「生活の安心・安全」の充実
・特性を活かした地域・農林水産業の振興
・名実ともに「文化都市」を目指します
・共生社会の実現
・行財政改革

西脇氏は京都府生まれ、東京大学法学部卒業。1979年に建設省に入省し、山形県企画調整部総合交通課長、国土交通省都市・地域整備局まちづくり推進課長、道路局次長、総合政策局長、大臣官房長、国土交通審議官、復興庁事務次官を歴任しました。

夢・仕事・未来・人をつなぐ京都を目指したい。福山和人氏

福山和人

弁護士の福山氏は、「つなぐ京都―京都府知事選政策大綱(第2次)進化する これが『府民丸ごと全力応援プロジェクト』だ!」をキャッチフレーズに以下の政策をあげています。

1 夢をつなぐ~ストップ貧困京都宣言
・保育園・幼稚園から大学までのオール無償化をめざす
・いのちに寄りそう
2 なりわいをつなぐ~企業と働く人をセットで応援し地域循環型経済を
・時給1500円へ、ブラック・ゼロ京都を
・働く人・中小零細業者、大企業、地域がウィンウィンで税収もアップ
・地元密着型の公共事業を積極的に進める
3 未来へつなぐ~原発再稼働反対・廃炉推進、平和と多様性
・脱原発・エネルギーシフトを進める
・平和を発信・多様性を尊重し擁護する
4 ひとをつなぐ~自治体の自律性と住民自治を基礎とした府政運営

福山氏は京都市生まれ、立命館大学法学部卒業。2001年に弁護士登録後、京都法律事務所に入所しました。京都弁護士会労働と社会保障に関する委員会委員長、京都弁護士会副会長を歴任、現在は労働弁護団幹事、自由法曹団常任幹事を務めています。

前回の投票率は34.45%。新人による一騎打ちとなった今回は?

4期16年務めた現職の山田啓二氏(63)は出馬せず、新人2名による選挙戦となりました。「非共産相乗り」による府政が10期にわたって続いていますが、今回も5党から推薦を受けた西脇氏が立候補。共産党から推薦を受けた福山氏が対抗します。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【京都府知事選】16年ぶりの新人対決。非共産相乗りは継続?刷新?西脇隆俊氏 VS 福山和人氏

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube