選挙ドットコム

久喜市長選挙立候補予定。梅田修一(うめだ しゅういち)氏の学歴・経歴・政策は?

2018/3/19

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

1月22日の記者会見において、任期満了にともなう久喜市長選(4月15日告示、22日投開票)梅田修一氏が立候補を表明しました。

梅田氏は元久喜市議で、無所属での立候補です。なお同市長選には、現職久喜市長で3選を目指す、田中喧二氏も立候補を表明しています。

鷲宮町議、久喜市議を経て、市長選に挑戦

梅田修一氏は現在43歳です。2003年の鷲宮町議会議員選挙では、750票を得て初当選。2007年の同選挙では、900票を得て再選を果たします。

その後、2010年の久喜市議会議員選挙では、2,334票を得て初当選。2014年の同選挙では、3,490票を得て再選を果たしました。2015年の埼玉県議会議員選挙では、10,943票を得るも落選しています。

2017年には公益社団法人春日部法人会青年部会長に就任。三ツ林ひろみと日本の未来を変える会会長などを歴任しています。

梅田氏の政策理念

梅田氏は自身のホームページによれば、キャッチコピーとして「うめだ修一のまちのつくり方改革基本方針」を掲げ、具体的には、

①東京一極集中を是正し、若者の定住促進、活躍の場を創出
②土地の高度利用促進、駅前市街地の整備
③圏央道JCTを中心に物流拠点としてのインフラ整備
④久喜市で新たなビジネスに挑戦する起業家支援、女性の創業支援
⑤市民ランナーの聖地化などスポーツ振興策を推進
⑥シティセールスを推進し、久喜市の魅力を世界に発信
⑦全ての子どもたちにチャンスのある教育環境を整備
⑧農業の6次産業化を図り、観光農園の整備を促進
⑨シニア世代が更に輝き、活躍する久喜市を創造

などをあげています。

梅田氏の立候補への抱負

梅田氏は「合併時(2010年3月)、約15万70000人だった人口が約3000人減った。さびれた久喜駅東西の商店街を活性化するなど、人を呼び込める魅力ある久喜に改革する」と立候補への抱負を語りました。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム久喜市長選挙立候補予定。梅田修一(うめだ しゅういち)氏の学歴・経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube