選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

山武市長選挙立候補予定。小川一馬(おがわ かずま)氏の学歴・経歴・政策は?



選挙ドットコム編集部
選挙ドットコム編集部

2017年12月15日の記者会見において、任期満了にともなう山武市長選(4月8日告示、15日投開票)に小川一馬氏が立候補を表明しました。

小川氏は元山武市議で、無所属での立候補です。
なお同選挙には、現在3期目の椎名千収市長は不出馬の意向を示し、元県議の松下浩明氏が立候補を表明しています。





山武市議から山武市長へ2度目の挑戦



小川一馬氏は千葉県松尾町五反田の生まれで現在63歳です。千葉県立東金商業高校を卒業しています。

2003年の蓮沼村議会議員選挙で初当選。2006年の合併により山武市議会議員になり、2007年の山武市議会議員選挙では1,027.270票を得て初当選しています。2011年の同選挙では1,183.670票を得て再選。2013年には同市議を辞職しました。

2014年の山武市長選挙では、10,233票を得るも落選しています。





小川氏の政治理念



小川氏は「後援会のホームページ」によれば、自身の政策として

少子化対策・子育て支援
・安心して産める環境づくり
・医療センターの産婦人科拡充
・出産お祝金の支給を創設します
・安心して育てられる環境づくり
・こども園や給食費の無償化
・地域に合わせた学校運営

基幹産業・地域振興
・農漁商工業・地場産業の振興
・農漁観光業者の所得増を目指します
・地元商工業者の育成・応援をします
・県・空港と連携し企業を誘致します
・シニアも活躍できる環境づくり
・体験学習やスポーツを推進します

インフラ・住環境整備
・幹線道路・通学路・児童公園の整備
・基幹バス・乗合タクシー利便性アップ
・山武成東インターから国道への整備
・成東・松尾駅周辺にニュータウン造成
・工業団地の造成と連絡道の整備
・成東から空港への道路整備

などをあげています。





小川氏の立候補への抱負



小川氏は「(山武市は平成18年に)合併して10年。人口減少に歯止めをかけるため、子供を産める環境整備などに取り組みたい」とし、子育て支援、学校統合問題、さんむ医療センターと東金市の東千葉メディカルセンターを連携させた医療体制確保などを公約としてあげています。
選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

Twitter : https://twitter.com/go2senkyo

Webサイト : http://go2senkyo.com/

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2018 選挙ドットコム All Rights Reserved.