選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

練馬区長選挙立候補予定。前川燿男(まえかわ あきお)氏の学歴・経歴・政策は?



選挙ドットコム編集部
選挙ドットコム編集部

2017年12月1日の練馬区議会定例会の一般質問において、任期満了にともなう練馬区長選(4月8日告示、15日投開票)前川燿男氏が立候補を表明しました。

前川氏は現職の練馬区長で、再選を目指しての立候補です。





鹿児島県出身の前川氏。東京都職員、大学客員教授を経て、練馬区長へ



nerima

前川燿男氏は1945年11月12日、鹿児島県鹿児島市の生まれで現在72歳です。鹿児島県立甲南高等学校を卒業後、東京大学法学部に進学。同大学を卒業後、1971年に東京都庁に入庁します。2000年には東京都福祉局長に就任。2002年には石原前都知事の下、知事本局長に就任。児童相談所の充実、認証保育所制度の創設、高齢者グループホームの増設などに取り組みました。2005年に東京都を退職しています。同年には東京ガス株式会社執行役員に就任。2009年には政策研究大学院大学客員教授に就任しました。

2014年の練馬区長選挙では自民党・公明党の推薦を受け立候補し、77,651票を得て初当選を果たします。





前川氏の立候補への抱負



今回の区長選立候補の意思を問われた前川氏は、独自の政策や行政運営に取り組んできたことを挙げたうえで「改革は道途上。『ここに練馬区あり』と胸を張れる自治体を目指したい」と再選の抱負を述べました。





前川氏の政策理念



前川氏は自身のホームページによれば、政策のキャッチコピーとして「第Ⅱ章 これから 区民とともにさらに前へ!前川あきお6つの約束」を掲げ、具体的には、
子どもたちの笑顔輝くまちをつくる
高齢者が住みなれた地域で暮らせるまちをつくる
安心を支える福祉と医療のまちをつくる
安全・快適、みどりあふれるまちをつくる
いきいきと心豊かに暮らせるまちをつくる
区民とともに区政を進める

などをあげています。
選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

Twitter : https://twitter.com/go2senkyo

Webサイト : http://go2senkyo.com/

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2018 選挙ドットコム All Rights Reserved.