選挙ドットコム

【石垣市長選】次点で落選。宮良操(みやら みさお)氏の学歴・経歴・政策は?

2018/3/12

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

3月4日告示、同月11日投開票の石垣市長選は、現職の中山義隆氏(50)が1万3822票を獲得し、3回目の当選を果たしました。

なお、その他の候補者の得票数はそれぞれ、宮良操氏(61)が9526票、砂川利勝氏(54)が4872票となりました。

石垣市生まれ、沖縄国際大学卒業。18年間の市職員生活を経て、市議として20年のキャリアを持つ

mira

宮良氏は1956年4月29日石垣市生まれ。沖縄県立八重山高等学校を卒業後、沖縄国際大学法学部法学科卒業。18年間の市職員生活を経て1998年の石垣市議選で初当選、以降5期連続当選を果たしました。今回、「笑顔輝く八重山郡民の会」の支援を受け、市長選への立候補に向けて市議5期目の途中で辞職していました。

市民との対話を大切に。ミサイル基地は認めない

宮良氏は「市議としての5期20年、地域の人たちから話を聞いてまちづくりに参画した」と自身の実績を評価。現市政に対しては「市民ではなく国を向いている」と批判し「市民が決める姿勢、地方自治の原点に戻したい」との考えです。また、石垣市民の平和が揺れ動いていると危惧し、「子や孫に平和で豊かな島を引き継ぐため、ミサイル基地は認めない」との立場を示しました。出発式でも「未来永劫(えいごう)豊かな石垣島を作ろう」と決意を語りました。

宮良氏が掲げる政策とは

宮良氏は「市政は変えられる。島の未来は市民が決める」をキャッチフレーズに掲げ、「市民の声を市政に生かす」「『子どもは宝』もっと予算を」「行きたい!住みたい!石垣島」「豊かさを実感できる島へ」「島のどこに住んでも『良かった』」「安全・便利・暮らしやすいまちに」「市民の安心・安全・平和を第一に」の7つを政策の柱としています。

市長給与10%カットを公約とし、「自らの削減を財源確保のスタートにしたい」とアピール。子育て・教育政策として3万円の出産祝い金創出、高校生までの子ども医療費助成と順次無料化、夜間・休日保育、小中学校へのクーラー完全設置、小中学校の順次給食無料化などを挙げています。

市政改革としては、市長資産など情報公開の徹底、新庁舎建設の地元業者への分離・分割発注などを、さらに地域振興等に微生物を活用したバイオトイレ設置、石垣島製糖の建て替え支援、堆肥センターの運営改善、島産肥育牛の増産、石垣市版地域包括ケアシステムの構築、市立休日夜間診療所の再建、消防士と救急救命士の増員など、全78項目を挙げました。

また、選挙ポスターでは以下のような「政策川柳」を発表しています。

・つながろう フリーWi-Fi 大増設
・ヘリ墜落 昔はまさか 今またか
・子育てを 予算アップで 応援だ
・欲しいのは ミサイルより スマイルさ
・石垣市 すべての基盤は この自然
・人命を 救う消防 救いたい
・すぐできる クーラー設置 全教室
・皆の声 聴く耳持つ人 選ぶ時
・俺が売る 「石垣ブランド」 世界へと
・音楽で 皆の笑顔が あふれ出る

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【石垣市長選】次点で落選。宮良操(みやら みさお)氏の学歴・経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube