選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

京都府知事選挙立候補予定。西脇隆俊(にしわき たかとし)氏の学歴・経歴・政策は?



選挙ドットコム編集部
選挙ドットコム編集部

2月10日、京都市内のホテルでの記者会見において、任期満了にともなう京都府知事選(3月22日告示、4月8日投開票)西脇隆俊氏が立候補を表明しました。現在4期目の山田啓二知事は今期限りで引退を決めています。


西脇氏は無所属(自民、公明、希望、民進、立憲民主各党が推薦)での立候補を予定しています。


なお、今回の京都府知事選挙には、元京都弁護士会副会長の福山和人氏も立候補を表明しています。







京都府出身の西脇氏。国土交通審議官を経て復興庁事務次官に



スクリーンショット 2018-03-09 18.30.19


西脇隆俊氏は1955年7月16日、京都府の生まれで現在62歳です。私立洛星高等学校を卒業後、東京大学法学部に進学。同大学を卒業後、1979年に建設省に入省します。山形県企画調整部総合交通課長、国土交通省都市・地域整備局まちづくり推進課長、道路局次長、総合政策局長を歴任後、2014年には大臣官房長、2015年には国土交通審議官、2016年には復興庁事務次官に就任しています。







西脇氏の政策理念



西脇氏は自身のホームページによれば、政策のキャッチコピーとして「ふるさと京都のために・にしわき隆俊の『活気ある京都づくり基本政策』」を掲げ、具体的には、


・経済成長と雇用の安定


・自立した未来の京都づくり


・防災・減災対策の強化


・社会保障と「生活の安心・安全」の充実


・特性を活かした地域・農林水産業の振興


・名実ともに「文化都市」を目指します


・共生社会の実現


・行財政改革


をあげています。







西脇氏の立候補への抱負



西脇氏は「山田知事が整備された礎をさらに継承発展させ、その上に新しい京都の未来を切り開いていきたい」とし、山田啓二知事の政策を継承する考えを示しました。公式HPにおいて、8つの項目を「活気ある京都づくり基本政策」としてあげています。


選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

Twitter : https://twitter.com/go2senkyo

Webサイト : http://go2senkyo.com/

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2018 選挙ドットコム All Rights Reserved.