選挙ドットコム

京都府知事選挙立候補予定。福山和人(ふくやま かずひと)氏の学歴・経歴・政策は?

2018/3/9

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

2月10日、京都市内のホテルでの記者会見において、任期満了にともなう京都府知事選(3月22日告示、4月8日投開票)に福山和人氏が立候補を表明しました。現在4期目の山田啓二知事は今期限りで引退を決めています。

福山氏は無所属での立候補を予定します。なお、今回の京都府知事選挙には、前復興庁事務次官の西脇隆俊氏も立候補を表明しています。

京都府出身の福山氏。弁護士として活躍

スクリーンショット 2018-03-09 18.28.05

福山和人氏は1961年3月5日、京都府伏見区の生まれで現在57歳です。京都府立城南高等学校を卒業後、立命館大学法学部に進学。1999年に司法試験に合格し、2001年に弁護士登録後、京都法律事務所に入所します。京都弁護士会労働と社会保障に関する委員会委員長、京都弁護士会副会長を歴任し、現在は労働弁護団幹事、自由法曹団常任幹事に就任しています。

福山氏の基本政策

福山氏は、自身のホームページによれば、政策のキャッチコピーとして「つなぐ京都―京都府知事選政策大綱(第2次)進化する これが『府民丸ごと全力応援プロジェクト』だ!」として、以下の政策をあげています。

基本姿勢
1継承か変化かではなく、継承しつつ変化させる。
2節約か活力かではなく、節約しつつ活力を養う。
3連携か自治かではなく、連携しつつ自治を育む。

つなぐ京都の基本政策
府民丸ごと全力応援プロジェクト
1 夢をつなぐ~ストップ貧困京都宣言
・保育園・幼稚園から大学までのオール無償化をめざす
・いのちに寄りそう
2 なりわいをつなぐ~企業と働く人をセットで応援し地域循環型経済を
・時給1500円へ、ブラック・ゼロ京都を
・働く人・中小零細業者、大企業、地域がウィンウィンで税収もアップ
・地元密着型の公共事業を積極的に進める
3 未来へつなぐ~原発再稼働反対・廃炉推進、平和と多様性
・脱原発・エネルギーシフトを進める
・平和を発信・多様性を尊重し擁護する
4 ひとをつなぐ~自治体の自律性と住民自治を基礎とした府政運営

などをあげています。

福山氏の立候補への抱負

福山氏は「山田府政のいいところは継承し、足りない部分は補って変化させる」とし、重点政策として、子供の医療費助成制度の拡充や中小企業への支援、大型公共事業の検証、貧困対策などをあげています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム京都府知事選挙立候補予定。福山和人(ふくやま かずひと)氏の学歴・経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube