選挙ドットコム

1票差の劇的勝利がまさかの「大逆転1票差負け」に?葛飾区議選の当落入れ替わりはなぜ?

2018/2/22

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

59人が立候補し、40人が当選した葛飾区議会議員選挙。昨年2017年11月12日に投票が行われ、41位となり次点で落選した会田浩貞(あいだ ひろさだ)氏は2,175票、40位で当選となった大森有希子(おおもり ゆきこ)氏は2,176票と、わずか1票差で当落が決まっていました。

katsushika

この開票結果を受け、会田氏は葛飾区選挙管理委員会(葛飾区選管)に大森氏の当選無効を求める異議を申し立てていましたが、葛飾区選管は昨年12月にこれを棄却していました。その後、会田氏は東京都選管に審査請求を行い、今月3日に162,399票全てが再点検されました。
【関連】公明・民進・維新は全員当選! 葛飾区議選は大波乱の結果に! 都民ファーストはどうなった?  >>

2票が無効票になり、当落が入れ替わる

再点検の結果、葛飾区選管が大森氏の有効票と判断していた「大森ひでこ」「大森ようこ」の2票が無効票と判断されました。これは、葛飾区議選の候補者に「木村ひでこ」氏、「久保 洋子(くぼ ようこ)」氏が存在したため、2名の候補者を「混記」しているとされたためです。

この結果、

大森有希子氏:2,176票→2,174票
会田浩貞氏:2,175票→2,175票(変更無し)

となり、会田氏の得票数が大森氏を上回りました。

(大森氏ブログより)

大森氏ブログより)

直ちに失職するわけではない

再点検によって当落が入れ替わりましたが、司法手続きが終わらない限り大森氏は葛飾区議から失職せず、議員活動も継続できます。

今回の件に関し、大森氏は自身のブログで、

本日、都選管が臨時委員会を開催し、開披点検の裁決がなされました。
報道ですでにご存じかとは思いますが、葛飾区選管の出した決定と違い、当落が入れ替わるという裁決がされました。
(もちろん、この裁決を不服として高等裁判所へ提訴する意向で、高等裁判所、最高裁で判決が出るまでの最長260日間は私は議員の職を失いませんので、引き続き議員としての役割を果たしていきます。)

大森ゆきこの有効票の中に明確に別候補の票が混ざっていて、大森ゆきこの票が減ったのではありません!!
名誉のために申し上げますが、葛飾区選管の数え間違いではありません!!

正しくは『開披点検で摘出した票のうち、判例をもとに票の文字をみて葛飾区選管が大森の有効票と判断した票が、都選管の判断では大森の票ではないと解釈が変わってしまった。』のです。
その票が大森のことを指しているのか、そうでないかの『解釈』というのが今回の一番の問題でして。
P.3にあるように、投票した人が、どの候補者のことを書いたのか?
文字を見て推察するのです。その推察こそが、『解釈』なのですが、判例を見ながら誰のことを示しているのかを葛飾区選管は考えた結果、大森票と判断したのです。

と述べています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム1票差の劇的勝利がまさかの「大逆転1票差負け」に?葛飾区議選の当落入れ替わりはなぜ?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube