選挙ドットコム

【名護市長選】現職・稲嶺氏を破り初当選。渡具知武豊(とぐち たけとよ)氏の人柄・学歴・経歴は?

2018/2/5

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

沖縄県名護市長選の投開票が2月4日におこなわれました。自民党・公明党・日本維新の会が推薦する無所属で新人の渡具知武豊(とぐち たけとよ)氏が、民進・共産・自由・社民各党、地域政党の沖縄社会大衆党が推薦し、立憲民主党が支持する現職の稲嶺進を破り初当選を果たしました。投票率は76.92%で、前回(76.71%)を0.21ポイント上回りました。

toguchi

今回の選挙の争点は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設問題。基地問題を全面に打ち出し2期8年にわたる実績のある稲嶺氏に対し、当初は苦戦が予想された渡具知氏でしたが、「保育料や給食費の無料化」などの公約が幅広く支持を集め当選につながりました。「名護は基地問題だけではない」としつつ、辺野古への移設計画について「これまで何度も申し上げているように、国と県とが争っている裁判の行方を注視していく」と語りました。

なお、名護市長選の確定得票数は以下の通りです。

当選 渡具知武豊氏(無所属・新人)20,389票
稲嶺進氏(無所属・現職)16,931票

商工会青年部副部長を経て、名護市議会議員5期連続当選

渡具知武豊氏は1961年8月12日、沖縄県名護市許田の生まれで現在56歳です。沖縄県立名護高等学校を卒業後、第一経済大学に進学します。同大学を卒業後、1995年には商工会青年部副部長に就任しました。

1998年の名護市議会議員選挙では、得票数861.179票を得て初当選します。2002年には再選。軍事基地等対策特別委員会委員長に就任します。2006年には3選。経済建設常任委員会委員長に就任。その後、2010年には4選、2014年のでは5選を果たしました。

渡具知氏の政策理念

渡具知氏は自身のホームページによれば、具体的には、

・子育て支援
・若者の集う街づくり
・医療福祉の整備拡充
・地域のくらしと環境
・教育・文化・スポーツが輝くために
・経済・産業振興のために
・観光リゾート関連施設の整備に取り組みます
・普天間飛行場代替施設の移設

をあげています。

辺野古への新基地移設についての見解

基地問題については、「日米同盟の重要性は認識しつつも、米軍基地が極端に偏在していることは明らか」で、基地の負担軽減を望むとしています。辺野古基地移設については、「国と県が係争中であり、この行方を注視していく」との認識を示しています。

過去5回の名護市長選では新基地建設の是非が焦点に

名護市長選では過去5回いずれも、辺野古基地への移設問題が争点になってきました。
1998年の同選挙では、新基地建設容認・推進派の岸本健男氏が得票数16,253票を得て初当選。2002年の同選挙では、同じく岸本氏が得票数20,356票を得て再選。

2006年の同選挙では、容認・推進派の島袋吉和氏が得票数16,764票を得て初当選を果たしています。2010年の同選挙では、新基地建設反対派の稲嶺進氏が得票数17,950票を得て初当選。前回・2014年の同選挙では、同じく稲嶺氏が得票数19,839票を得て再選を果たしました。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【名護市長選】現職・稲嶺氏を破り初当選。渡具知武豊(とぐち たけとよ)氏の人柄・学歴・経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube