選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

「このハゲぇー!」を超える失言はあったのか。2017年 政治家の失言集!



選挙ドットコム編集部
選挙ドットコム編集部

pixta_17086798_S

2018年も新年が明けて、1週間ほどが経ちました。今年の目標を立てられたり、昨年を振り返られた人も多いのではないでしょうか?
今回は昨年を振り返るべく、2017年のお騒がせ議員の失言についてまとめてみました。野党の中にも失言や暴言を放った方もいるでしょうが、与党である自民党は、国民やメディアからの目も厳しく、その発言が問題視されることが多いようです。きっと、思い当たるセリフがあるのではないでしょうか?
※肩書、所属、選出選挙区はいずれも発言当時





2月16日 後藤祐一 衆議院議員(民進党・神奈川16区→2017衆院選では比例南関東ブロック復活当選)



「人事評価を下げてやる」
「お前をクビにできる」

2月16日、南スーダンPKO部隊の日報問題について、後藤氏は衆議院会館の自室で防衛省官僚から説明を受けていました。その際、書類の不備などに大声を出す、机を叩くなどをし、30代の女性官僚に対して「人事評価を下げてやる」「お前をクビにできる」といった発言をしました。

稲田朋美防衛大臣(当時)は後藤氏に対し、衆議院予算委員会で抗議することを検討しましたが、後藤氏が予算委の質疑前に防衛省幹部に謝罪。2月21日には、山井和則国対委員長から厳重注意を受けました。





3月8日 務台俊介 復興政務官(自民党・長野2区→2017衆院選では比例北陸信越ブロック復活当選)



「たぶん長靴業界は、だいぶ、儲かったんじゃないか」

3月8日に開催された政治資金パーティーの場で、昨年9月に岩手県の台風被害に遭った被災地を視察した際に、務台氏は長靴を持参しておらず、職員におんぶされて水たまりを渡ったときのことを「たぶん長靴業界は、だいぶ、儲かったんじゃないか」と発言。「被災者の心情への配慮に欠ける」との批判を受けました。

翌3月9日には、務台氏は「不適切だと深く反省している」と謝罪しました。菅義偉官房長官からも厳重注意を受け、同日には松本純防災担当大臣(当時)に辞表を提出。翌3月10日に内閣府政務官兼復興政務官を辞任しました。





4月16日 山本幸三 地方創生担当大臣(自民党・福岡10区)



「一番のがんは文化学芸員。この連中を一掃しないと駄目」

4月16日、滋賀県のホテルで開催されたセミナーで、文化財を活用した観光振興について「一番のがんは文化学芸員。この連中を一掃しないと駄目」と発言しました。

山本氏は4月18日の参議院内閣委員会で、「言い過ぎで、不適切だった。大変申し訳ないと反省している」と失言について謝罪。発言の意図について、「インバウンド政策を推進するには、学芸員にも観光マインドを持ってもらいたい」との趣旨だったと説明しました。





4月25日 今村雅弘 復興大臣(自民党・比例九州ブロック)



「まだ東北で、あっちの方だったから良かった」

4月25日、所属する派閥のパーティーで講演した際、今村氏は東日本大震災の被害について「まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると、莫大な、甚大な額になった」と発言。

同パーティーには安倍総理も出席しており、「東北の方々を傷つける極めて不適切な発言だ。おわびをさせていただきたい」と謝罪をしました。今村氏は記者団に「首都圏で防災対策をする」という意図だったと釈明したものの、すぐに謝罪。同日中に辞意を表明し、翌日には復興大臣を辞任しました。





5月15日 大西英男 衆議院議員(自民党・東京16区)



「(がん患者は)働かなくていいんだよ」

5月15日、自民党厚生労働部会において、がん経験者である参議院議員・三原じゅん子氏の答弁に対し、大西氏は「(がん患者は)働かなくていいんだよ」とヤジを飛ばしました。

大西氏は5月22日に都内で会見を開き、がん患者・元患者へのお詫びとともに、三原じゅん子議員へのヤジについて「失言だった。率直に認めて、厳しく戒めたい」と非を認めました。また、がん患者や元患者への配慮をしつつ就労支援していくと約束。翌日には失言の責任を取り、都連副会長を辞任しています。





5月17日 大西健介 衆議院議員(民進党・愛知13区)



「大量の陳腐な」テレビCMを流している美容外科があるとして、
「皆さんよくご存じのイエス○○クリニックみたいに」

5月17日の衆議院厚生労働委員会において、大西氏は美容外科の広告規制に関し、「大量の陳腐な」テレビCMを流している美容外科があるとして、「皆さんよくご存じのイエス○○クリニックみたいに」と発言。

5月19日には美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が、同クリニックに対する名誉毀損により1千万円の損害賠償を求め、東京地方裁判所に提訴しました。大西氏は「質疑全体を見れば名誉を毀損する内容でないと理解してもらえると思うが、不快な思いをされたとしたらお詫びしたい」と謝罪しました。





6月 豊田真由子 衆議院議員(自民党・埼玉4区)



「この、ハゲーーーーーっ!」
「これ以上私の評判を下げるな!」

6月22日付けの「週刊新潮」で、豊田氏の男性秘書への暴言・暴行が掲載されました。殴る蹴るなどの暴行は断続的に行われ、「この、ハゲーーーーーっ!」「これ以上私の評判を下げるな!」といった豊田氏が叫ぶ模様などが「デイリー新潮」が投稿した動画に公開されました。

同日、豊田氏は自民党に離党届を提出。10月の衆院選では無所属で立候補したものの、得票数は前回の4分の1に激減し、選挙区の立候補者5名のうち最下位で落選しました。





6月22日 河村建夫 衆議院議員(自民党・山口3区)



「(豊田真由子氏は)かわいそうだ。男性の衆院議員なら、あんなのはいっぱいいる」

6月22日、豊田真由子氏の週刊誌報道について、河村氏は「かわいそうだ。男性の衆院議員なら、あんなのはいっぱいいる。気持ちは分かる」と発言。「録音して(週刊誌に)持ち込むなんてあり得ない。いくらパワハラがあったとしても、選挙をやる者なら怒る」と語っています。

河村氏はその後、自身のFacebookで発言を撤回しています。





6月27日 稲田朋美 防衛大臣(自民党・福井1区)



「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」

6月27日、都議選の自民党公認候補の応援演説において、稲田氏は「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と発言。防衛大臣が所属政党の公認候補への支持を訴えることは、自衛隊法61条にも抵触しかねないとの批判がありました。

稲田氏は6月30日の記者会見で、自らの発言について「改めて『防衛省・自衛隊、防衛相』の部分は撤回し、おわびしたい」と公の場で謝罪を行いました。





6月29日 二階俊博 幹事長(自民党・和歌山3区)



「よく変なものを打ち上げてくる国がある」

6月29日、都議選の候補者を応援する集会において、北朝鮮を指して「よく変なものを打ち上げてくる国がある」と発言。その際、精神障害者に対する差別的な表現を使用しました。

後に二階氏は、「表現として必ずしも適切でないものが一部あった。そのことを率直に申しあげて今後、注意していきたい」と記者団に釈明しています。しかし翌日、別の都議選応援演説の場で、「言葉一つ間違えたら、すぐにいろんな話になる」とメディア批判をしました。


7月1日 安倍晋三 内閣総理大臣(自民党・山口4区)



「こんな人たちに負けるわけにはいかない」

7月1日、都議選の選挙戦最終日に安倍総理は秋葉原での応援演説にて、自身への批判を行う人々に対して「こんな人たちに負けるわけにはいかないんです!」と発言しました。

安倍総理は7月24日の衆議院予算委員会で自身の発言について、「私に批判的な国民の声に耳を傾けない、排除する、と受け止められたのなら、私の不徳の致すところだ」と陳謝しています。





7月11日 西川公也 衆議院議員(自民党・比例北関東ブロック→2017衆院選では落選)



「具体的に関係者に分かってもらうための資料じゃなければ話にならない。国会だったら分からないための資料でも結構だが」

7月11日、自民党本部の会合において、西川氏は日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)の大枠合意に関する政府の説明資料に関し、「具体的に(関係者に)分かってもらうための資料じゃなければ話にならない。国会だったら分からないための資料でも結構だが」と、国会軽視ともとれる発言をしたとして批判を受けました。

翌日には、西川氏は記者団に対し、「ちょっと言葉が足りなかった面もある」としつつ、「国会軽視でも何でもない」と発言を撤回しませんでした。

西川氏は昨年9月の衆院選において小選挙区で落選。比例復活もならず議席を失いましたが、11月8日には民間人として内閣官房参与に就任しています。





7月15日 上西小百合 衆議院議員(無所属・比例近畿ブロック)



「くたばれレッズ!」

7月15日の浦和レッズ対ドルトムントの国際親善試合について、上西氏は自身のTwitterで挑発的な投稿を繰り返し、サポーターやファンから批判が殺到。それでも挑発を止めなかったため、上西氏に殺人予告が届く事態に発展し、7月19日には警察に被害届を提出しました。7月22日にはさらに、上西氏は「くたばれレッズ!」と投稿しています。

これを受け、浦和レッズ側はファンに冷静な対応をするように異例の呼びかけをしました。
上西氏は後日テレビ番組に出演し、「個人の自由だし、(サッカーの)専門家ではないし、こんなに注目される理由が分からない」「当たりさわりのない言葉を使うのは簡単だけど、伝わらない。政治の部分ではもっと過激な言葉を使う」と述べました。

上西氏は9月の衆院選には「負けるから選挙に出ない」として立候補しませんでした。





8月5日 江崎鉄磨 沖縄・北方担当大臣(自民党・愛知10区)



「答弁書を朗読させていただく」

8月5日、江崎沖縄・北方担当大臣は北方問題について、「答弁書を朗読させていただく」と発言。「朗読」との表現から、国会軽視とも受け取れかねないと批判されました。

8月7日には、「軽率だった」と陳謝。しかし、「(国会)軽視なんて一切していない」と反論し、記者団に対し、「(発言の趣旨は)原稿にしっかり目を通す、チェックして自分なりに加えるところは加え、省くところは省き(答弁書などを)参考にするということだ。」と説明しました。





8月29日 麻生太郎 副総理兼財務大臣 (自民党・福岡8区)



「いくら動機が正しくても、何百万人殺しちゃったヒトラーは駄目だ」

8月29日、麻生派の研修会の講演において、麻生氏 は「(政治家に)動機は問わない。結果が大事だ。いくら動機が正しくても何百万人殺しちゃったヒトラーは、やっぱり駄目だ」と発言しました。

翌日、麻生氏は自身の発言について、「不適切であり、撤回したい」としました。





9月3日 竹下亘 総務会長(自民党・島根2区)



「(北朝鮮ミサイルが)島根に落ちても何の意味もない」

9月3日、広島市の自民党広島県連の会合で、竹下氏は北朝鮮の弾道ミサイル計画について、「広島はまだ人口がいるが、(ミサイルが)島根に落ちても何の意味もねえな、という思いを持っていた」と発言しました。

翌日、竹下氏は「どこが不適切か」と語り、撤回しない旨を表明しました。「戦略的に考えた場合、北朝鮮が島根を狙ってくることはないだろうという思いを話した」と意図を説明しています。





10月19日 丸山和也 参議院議員(自民党・比例区)



「(相手候補に投票する人は)脳がおかしい」

10月19日、岩手3区の自民党候補者個人演説会において、丸山氏は「認知症と言ったら怒られるけど、判断力、脳がおかしいとしか言えない」と、相手候補に投票する有権者について発言しました。

岩手3区でほかに立候補していたのは無所属の小沢一郎氏のみであり、小沢氏はTwitterで「岩手県の全有権者を愚弄するものであり、到底許しがたい」と批判しています。丸山氏は後、「言い過ぎたかもしれない」と釈明をしました。





10月26日 麻生太郎 副総理兼財務大臣(自民党・福岡8区)



「(選挙での大勝は)明らかに北朝鮮のおかげもある」

10月26日、麻生氏は東京都内の会合で、先の衆院選の自民党大勝について「明らかに北朝鮮のおかげもある」と発言しました。

麻生氏の発言に対し、野党からは批判が続出。翌日、立憲民主党の長妻代表代行は記者団に「とんでもない発言だ。国会を開いて追及をし、(発言の)撤回、謝罪を求めていきたい」と批判しました。





11月12日 足立康史 衆議院議員(日本維新の会・比例近畿ブロック)



「朝日新聞、死ね」

11月12日、加計学園問題に関する11月11日付けの朝日新聞の社説に対し、足立氏はTwitterで引用したうえで「朝日新聞、死ね」とツィートしました。

足立氏は「僕自身は『死ね』という言葉は適切だとは思っていない」とした上で、「保育園落ちた日本死ね」が流行語大賞に選ばれるなど、社会が容認している旨を説明しました。さらに、11月30日の衆議院憲法審査会において、足立氏は「マスメディアは偏向、中でも朝日新聞は捏造、誤報、偏向報道のオンパレードだ」と述べています。





11月23日 山本幸三 衆議院議員(自民党・福岡10区)



「何であんな黒いのが好きなんだ」

11月23日、北九州市の自民党・三原朝彦衆院議員の会合において、山本氏は三原氏のアフリカ支援活動に「何であんな黒いのが好きなんだ」と発言。人種差別とも取られかねないと、批判を受けました。

山本氏は同日、発言を撤回。11月25日の自民党の会合において、「人種差別の観点は全くない。表現が誤解を招くということであれば、撤回したい」と改めて述べています。





11月28日 川内博史 衆議院議員(立憲民主党・鹿児島1区)



「もう、八百屋のやり取りじゃないか」

11月28日、衆議院予算委員会において、川内氏は「森友学園」と財務省の国有地売買交渉に関して、「もう、八百屋のやり取りじゃないか」と発言。

この発言について、青果仲卸業出身で自民党ネットメディア局長の平将明衆院議員が「聞き逃せない。ふざけんな!」と激怒。立憲民主党は「親しい客に値引きする八百屋に重ねて、財務局と籠池氏の親密ぶりを示唆したかった」と説明しました。





11月29日 竹本直一 衆議院議員(自民党・大阪15区)



「日本相撲協会がつぶれたら路頭に迷う。体がでかいから普通のことがあまりできない」

11月29日、竹本氏は「大相撲の発展を求める議員連盟」の総会で、「日本相撲協会がつぶれたら路頭に迷う。体がでかいから普通のことがあまりできない」と力士について発言。相撲界を応援する意図ではあったものの、横綱・日馬富士による暴行事件に関し、不適切な表現と取られかねない表現でした。

翌日、竹本氏は「体の大きい人が何もできないという意味で言ったわけではない」と自民党本部で釈明しました。







今年は失言がないように…



政治家の失言が頻発した2017年。記憶に新しい発言もありましたね。選挙で国民の信任を受けた政治家は、公の場での発言にはより一層の気配りが必要でしょう。今年は失言が世間を騒がせないよう、祈りたい思いです。
選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

Twitter : https://twitter.com/go2senkyo

Webサイト : http://go2senkyo.com/

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2018 選挙ドットコム All Rights Reserved.