選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

明日投開票! 各紙見出しは「自民安定、希望苦戦、立憲民主に勢い」。台風で新党は不利に?



選挙ドットコム編集部
選挙ドットコム編集部

この国の行方を決める衆院総選挙が22日に投開票されます。マスコミ各社の世論調査によると、安倍晋三首相率いる自民党が堅調で、公明党と合わせて「300議席を超える勢い」と報じています。一方の野党は小池百合子都知事率いる希望の党が苦戦し、枝野幸男元官房長官が立ち上げた立憲民主党が野党第一党に躍進する可能性が浮上しているとしています。台風21号の影響で投票率が下がるとの見方もあり、選挙戦の行方に最後まで目が離せません。
選挙ドットコム独自調査:第3回全国電話調査 比例投票予定 自民3割後半維持。立憲民主 2割弱の勢い続く。希望 3週連続で支持減らし当初の半減! >>





終盤の各紙の情勢報道



衆院選は選挙区289、比例区176の計465議席を1180人の候補者で争います。安倍総理は北朝鮮の脅威が迫っていることなどから「国難突破解散」と名付けましたが、各党が掲げる最大の焦点は「安倍政治」を続けるかどうか。政策的には憲法改正や消費増税、原発政策などが争点となっています。

選挙戦序盤は「自民堅調、希望伸び悩み、立憲に勢い」(12日 朝日新聞 朝刊)との情勢でしたが、終盤にかけても流れは変わっていません。自民党は単独過半数を大きく超える見通しで、公明党と合わせて300議席を超える勢いです。自公で全議席の3分の2となる310議席を超える可能性も出ていると報じられています。

一方の野党は希望の党がさらに失速し、公示前の57議席を割り込む可能性が高まってきました。逆に希望の党への合流を拒否された民進党議員らで結成した立憲民主党の勢いが加速。公示前の15議席から3倍増となり、希望の党を上回って野党第一党に浮上する可能性が出ています。

hyou

日本経済新聞が17~19日にかけて実施した終盤情勢調査では、自民党が26減の262議席、公明党が1増の35議席と予測。希望の党は2減の55議席、立憲民主党が3倍超の54議席、共産党が3減の18議席、日本維新の会が4減の10議席、社民党が1減の1議席としています。日本のこころ等は議席獲得のめどがたっていません。

共同通信が15~17日に実施した情勢調査では自民が9減の281議席、公明党が3減の32議席、希望の党が5減の52議席、立憲民主が3倍の48議席などとなっています。





台風にお気をつけください。投票行動も変化?



その他の大手マスコミも傾向は変わりませんが、今回の選挙は最後まで目が離せません。超大型で強い勢力の台風21号が日本列島に迫っているからです。

台風21号は23日にも上陸する見通しですが、21日から投票日である22日にかけて西日本を中心に暴風雨をもたらす可能性があります。天候が悪ければ無党派層の投票率が下がり、組織力の強い政党が相対的に有利。野党、特に新たに設立した希望の党や立憲民主党に不利に働く可能性があります。安倍首相の突然の解散宣言から、目まぐるしい展開が続いてきた衆院選。いよいよ国民の審判が下されます。
選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

Twitter : https://twitter.com/go2senkyo

Webサイト : http://go2senkyo.com/

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2017 選挙ドットコム All Rights Reserved.